7月20日(土)愛知県「美浜サーキット」での開催が2019年の千秋楽!

サーキット走行の経験がない方や、ビギナー向けのスクールとして開催されている「ダンロップ サーキットステーション 1stステップ」の2019年最終回が、7月20日(土)愛知県美浜町の美浜サーキットで行なわれます。

画像: 7月20日(土)愛知県「美浜サーキット」での開催が2019年の千秋楽!

定員は40名で、6/24現在、中級クラスは若干名の参加が可能とのことです。

元世界耐久王者北川圭一氏の指導の下、楽しく、安全にサーキットでのスキルアップを目指せます。

画像1: 定員は40名で、6/24現在、中級クラスは若干名の参加が可能とのことです。

詳しい内容については、下記の北川氏からのメッセージをご覧ください。

サーキット走行が初めての方や、まだまだ慣れていないビギナーのための優しく安全に楽しくサーキット走行が学べる内容となっています。
 
サーキット体験走行や、サーキット走行会に参加したけど、怖くて思ったように走れなかったといった方達向けのスクール形式の走行会です。
 
サーキットにおける、かっこいいライディングフォーム、正しい「ハングオフ」と正しいテクニックを身につけて、転倒せずにライディングスキルを向上させるノウハウを伝授いたします。
 
定員は会場により異なり40名~48名の2クラスに分けてのスクールとなります。
サーキットビギナークラスとサーキット経験者中級クラスに分かれて、それぞれ排気量別に分けて(2クラス4グループ)の走行となりますので、安心してサーキットを楽しめるようにしています。
 
内容は開催場所により異なりますが、(正しいハングオフフォーム・ライン取り、ブレーキ、シフト操作など)段階的にライディングテクニックを学んで頂きます。

必ず走行前にレクチャーをし、走行毎にアドバイスを聞いて頂き、次のカリキュラムに進みますのでサーキットを段階的に上手に楽しめるようになります。
インストラクターは校長の北川圭一はじめ4名の有名国際ライダーが親切丁寧に指導致します。
 
先導コース走行となりますので、サーキットの敷居をグンと低くしています。
先導走行は順番を入れ替えて速い人が前になるよう並べ変えるので、参加者の皆様が、前の人に詰まって思ったように走れないといった事を無くし、皆様がストレスなく気持ちよく安全に楽しめるようにしています。
 
サーキットには最低限のルールとマナーがあります。コースイン&コースアウトの方法やフラッグの種類と意味を理解する事も大事です。

またサーキット走行に必要なライディングテクニックを学び練習して頂きます。
「DUNLOPサーキットステーションファーストステップ」 ではこうしたサーキット走行の基本を最初に分かり易く説明し、段階的に練習しますので、安心してサーキットを楽しめます。
 
サーキットというと敷居が高い、まだまだそんなレベルじゃないしとかスピード出るから怖いなどの声がよく聞かれますが、それは正しい認識とは言えません。

サーキットは公道とは違い、ガードレールも対向車もありません。
サーキットは皆が一方通行で同じ目的でルールに則って走りますし、見通しも路面状態もよくエスケープゾーンもあり、スポーツライディングに適した環境なのです。

気持ちよくスロットルを開けて走りたい、コーナーをフルバンクで走りたいと思うならサーキットがより安全にオートバイを楽しめる環境です。

ただし、闇雲にサーキットを走っても上達しませんし、勘違いから自分でリスクを増やしてしまったり、変なクセがついてしまったりします。そんな遠回りをしないためにも、最初はサーキットライディングの基本をしっかり習うべきだと思います。

サーキットライディングの基本とは、コースを上手く走るためのコースのライン取りや、バイクの特性を知り正しい操作「ブレーキ、バンク、加速」を正確に行う事で、安全でスムースな上手いライディングが可能になります。

サーキットを走ってみたいけど、自信がない、走ってみたけど、走り方が分からないといった
サーキット初心者の方に是非参加頂きたいと思います。
 
(公式サイトより)

画像2: 定員は40名で、6/24現在、中級クラスは若干名の参加が可能とのことです。

参加条件

参加車両規定
248cc以上のミッション車 (スクーター・アメリカン不可)
※参加者は参加車両に該当する排気量の免許証が必要です。
市販レーサー車両参加不可

参加クラス
2クラス 4グループ分け
サーキット初心者ビギナークラス (401cc以上クラス /400CC以下クラス)
サーキット経験者中級クラス (401cc以上クラス/ 400CC以下クラス)

タイヤ
一般公道の走行出来る市販タイヤ スリックタイヤ使用不可 オフロード車はオンロードタイヤ装着すること

参加費
前後共、DUNLOPタイヤ装着車(税込15,120円)
DUNLOP+他社タイヤ装着車(税込18,360円)
前後共、他社タイヤ装着車(税込20,520円)

画像: 参加条件

申し込み方法や着用ウエアの指定などは、公式サイトからご覧ください!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.