竹芝桟橋から出航している東海汽船のフェリーに乗って、八丈島を目指した、福山理子さん。今回は上陸から島内でのバイクツーリングの模様をお届けします。

このツーリングの第一話はこちらからご覧ください。

船が港に着いた、わあ、お迎えがいる!

あたしは、行き当たりばったりとか激安パックの旅ばかりだから、だいたい送迎なしだったり、送迎ありでも忘れられていたりする。

あたし、島では民宿派。なのに、今回はホテルしか空いてなかったの。だから、きちんとした人が港で待ってくれていた。それはそれで、なんだかいつもと勝手がちがうなあ、と思ってしまうわがままなあたし。

画像: 八丈島到着直前。フェリーは22時半に竹芝を出て、翌朝9時前に到着します。

八丈島到着直前。フェリーは22時半に竹芝を出て、翌朝9時前に到着します。

民宿より、2~3千円高かったかな。でも、1泊船泊・1泊宿と夕食付きで17800円くらいだったかな? お正月だから少し高めでも。

話はもどりますが、普通なのよ、きっとお迎えがいるの。あたしのドタバタ女一人旅は、こんなもんなのです。

ホテルに着くと、お屠蘇(おとそ)が。
でも、これからバイクに乗る予定だからダメだね。

画像1: 船が港に着いた、わあ、お迎えがいる!

それから、ホテルのロビーでレンタルバイク屋さんに電話をかける。

が、繋がらない……。

考えてみたら三が日。さすがに今回はやらかしたわ。借りられないかもと、不安がよぎる。

……どこも出てくれない。正月の行き当たりばったり旅はやっぱり無茶だったみたい。

もう無理かと思ったとき、あたしのケータイが鳴った。

「電話したぁ?」

レンタルバイク屋さんの折り返し電話!

バイクを借りたいと言うと、「今日は休みだけど、いいよ」って、自動車の整備会社の車(?)で、すぐに迎えに来てくれました。

画像2: 船が港に着いた、わあ、お迎えがいる!

店のお客さんの車が壊れたんでは? と、心配で電話をくれたという優しいおじちゃんは「寒いし、雨だけど本当にいいの?」とそればかり聞いてくる。

画像3: 船が港に着いた、わあ、お迎えがいる!

「うん、いんだよ、あたしはバイクで島をぐるぐるしたくて来たんだよ。全然へーき」と、ここで一番大きなバイク、スズキ〈アヴェニス150〉を選んだ。

画像4: 船が港に着いた、わあ、お迎えがいる!

島ならではの簡単な手続きを済ませると、おじちゃんは「時間は少し過ぎてもいいから」と言って、あっという間にお店を閉め、去っていった。

画像5: 船が港に着いた、わあ、お迎えがいる!

ひとりになり、我に返ると、おじちゃんの言ったとおり寒かった。

可愛らしい風景、八丈小島を目指して出発!

島は、外周をぐるっと走れるようになっていた。道は思っていたよりも綺麗。八丈小島を目指した。

画像1: 可愛らしい風景、八丈小島を目指して出発!

八丈小島は、1969年6月に島民がすべて移動し、いまは、無人島なんだって。昔は513人の方が住まれていたそう。

八丈富士の周辺を走っていたら、ふれあい牧場に入り込んでしまった。

牛と遭遇。あたしは必ず動物を見ると話しかけるの。「うしさーん」人なっこくて可愛い。顔ももかわいかったあ。

画像2: 可愛らしい風景、八丈小島を目指して出発!

一頭ずつに名前がついてるの。抜いた草をあげてもOK。ちなみに入場も無料。

でも、「次に来た時はいないかも……」って書いてあった(;´༎ຶД༎ຶ`)

画像3: 可愛らしい風景、八丈小島を目指して出発!

牧場からの眺めはよく、日も差してきた。

画像: 牛の向こうに八丈小島。

牛の向こうに八丈小島。

ぽっかりと可愛らしい八丈小島は太平洋に浮かんでいる。

牧場を出ると、お腹がすいてきた。てきとーに見つけたご飯屋さんに、ふらふらと入ってみた。お食事処「通」。

画像4: 可愛らしい風景、八丈小島を目指して出発!

伊豆七島の名物として有名な、明日葉入りのちゃんぽんをいただいた。

画像5: 可愛らしい風景、八丈小島を目指して出発!

フレンドリーなお店。お店を出たら、とても可愛い足跡がバイクのシートに残っていた。

画像6: 可愛らしい風景、八丈小島を目指して出発!

うわあ、いっぱい猫ちゃんを発見!

乗ってるの見たかったな。バイク好きなのかな?
乗せてあげたいなあ~なんてシートを眺めて妄想です。

あ、借り物だからちゃんと拭いたよ。自分のだったら、拭かないけど。お母さんに聞いたら、13匹も居るんだって。ワンちゃんもいました。

飼ってるの? と聞いたら、みんな、野良だけど、まあ、飼ってるようもんだと言っていた。いいね、美味しいご馳走がたくさんあって。

「もしかしたら、また夜来るね」と、お母さんに、挨拶をし、次の道へむかいました。

画像7: 可愛らしい風景、八丈小島を目指して出発!

~続く~

八丈島 MAP

福山理子 公式Twitter

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.