オリンパスはOM-D E-M1Xで達成した高精度なAF性能と高画質化を実現するOM-D E-M1 MarkII用のファームウェアを2019年6月19日より公開した。

OM-D E-M1 MarkIIファームウェアVer.3.0の主な内容

・OM-D E-M1Xで大きく進化したAFアルゴリズムの採用(動画AFを含む)
・「C-AF中央優先」「グループ25点」「C-AF+MF」など最新のAF機能の追加
・AF低輝度限界マイナス6EVに対応
・高感度時ノイズをファームウェアVer.2.3に比べ約1/3改善
・より高い解像を実現する低感度画像処理(解像優先)機能を追加
・「Olympus Workspace」の新機能USB RAW編集をサポート

その他「フリッカーレス撮影」「OM-Log400」などOM-D E-M1Xで搭載された機能の追加。

画像: OM-D E-M1 MarkII

OM-D E-M1 MarkII

またOM-D E-M1XのファームウェアのVer.1.1も公開された。このVer.1.1により「Olympus Workspace」の新機能USB RAW編集をサポートする。

さらに画像編集ソフトウェア「Olympus Workspace」もVer.1.1にアップデートした。主な内容は
・フォーカスブラケットで撮影した画像を深度合成する機能を追加
・比較明合成機能を追加
・高速RAW現像を可能にするUSB RAW編集を追加
など

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.