ル・マン24時間耐久レース2連勝を飾ったトヨタGAZOO Racing。その興奮も覚めやらぬうちに、こんどは2020-2021年シーズンから始まるトップカテゴリー「ハイパーカー」に投入を予定している「GRスーパースポーツ(仮称)」の動画が公開された。
画像1: 本当に開発していた!  オーバー1億円の超弩級ハイパーカー「GRスーパースポーツ(仮称)」テストドライブ【動画】
画像: 上の写真が今回のテスト車両。すでに公開されているレース仕様車のレンダリング(下)とほぼ同じだ。ちなみに2018年に初めてコンセプトモデルが公開されたときには、2.4リッターV6ツインターボにハイブリッドシステムを組み合わせて1000馬力を発生すると発表されたが、今回のレギュレーション確定によって変更される可能性もある。

上の写真が今回のテスト車両。すでに公開されているレース仕様車のレンダリング(下)とほぼ同じだ。ちなみに2018年に初めてコンセプトモデルが公開されたときには、2.4リッターV6ツインターボにハイブリッドシステムを組み合わせて1000馬力を発生すると発表されたが、今回のレギュレーション確定によって変更される可能性もある。

世界耐久選手権=WECは、2020年秋からトップカテゴリーの「ハイパーカー」クラスを新設。すでにトヨタGAZOO Racingは市販に向けて開発中の「GRスーパースポーツ(仮称)」をベースにしたハイブリッド・プロトタイプで同クラスへの参戦を表明している。今回公開された動画「モリゾウ&友山プレジテント”GR Super sports concept” テストドライブ at 富士スピードウェイ」は、去る6月14日に同クラスの新レギュレーション確定を受けて公開されたものと思われる。

画像: 動画にはインカーも。バックミラーはないがリアビューカメラによって後方視界にも不安はなさそう。

動画にはインカーも。バックミラーはないがリアビューカメラによって後方視界にも不安はなさそう。

「ハイパーカー」は公道走行可能なロードカーをベースにしたレース車両により争われるのが特徴。つまり限りなくレースカーに近い市販車が発売されるわけだ。ちなみに規定によれば、市販されるロードカーは2年間で20台以上が生産されることが義務づけられている。一方、レースカーは最低重量1100kg以上、最高出力は750bhpに制限される。

画像: テストドライブしたモリゾウ(右)と友山GRプレジデントもご満悦!

テストドライブしたモリゾウ(右)と友山GRプレジデントもご満悦!

「GRスーパースポーツ(仮称)」の発売時期などはまだ明らかにされていないが、一説には軽く1億円を超えるのではないかとのこと。GRプレジデントの友山茂樹氏は「レースチームとしてだけではなく、スポーツカーメーカーとしても、確固たる地位を築く」とその開発の意図を語っている。

画像: モリゾウ&友山プレジテント”GR Super sports concept” テストドライブ at 富士スピードウェイ youtu.be

モリゾウ&友山プレジテント”GR Super sports concept” テストドライブ at 富士スピードウェイ

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.