中身はまったく現行モデルでスタイリングをクラシックに仕立て上げる。このないものねだりを解決するのがカスタムバイク。ミドルクラスのニューカタナのベースはなんと意外なVツイン、SV650だった!

水冷Vツインなのにこんなに「カタナ」!

新生KATANAがインターモトで世界デビューを果たした2018年秋。

しかしその時、ひそかにもう1台の「カタナ」が出展されていたことを知る人は少ない。

それが、フランスのカスタムバイクメーカー「S2コンセプト」が製作したTANTO、つまり短刀。

SV650に装着するカタナカウルキット車だ。

画像1: 水冷Vツインなのにこんなに「カタナ」!

「あのSVベースのカタナを見たときに、すごくバランスがいいように見えて、いい作品だな、と思ったんです。調べたらフランスの小さいメーカーが発売しているようだったから、最初は数セット、輸入してみたんです」とは、モトフィールド・ドッカーズ(MFD)の岡本代表。

手元に来たSV用カタナキットは、よくで出来てるなと感じる反面、仕上げももうひとつ、塗装済みの色さえ、純正色と説明されていても、微妙に発色が違っていたのだという。

画像2: 水冷Vツインなのにこんなに「カタナ」!

「これは少し修正が必要だな、って。逆に言えば、少しの修正できれいに新しいカタナの姿が出来上がるな、と思ったんです」

取り付けは、合わせ面スキマや微妙な取り付け角度などの既存パーツとのフィッティングを修正して組み上げ、塗装も純正色を使ってリペイントした。

画像3: 水冷Vツインなのにこんなに「カタナ」!

結果、出来上がったSV650「短刀」は、ご覧のようなニューミドルカタナ!

海外のショー写真で見るだけでは、カタナとはいえ、スリムなSVをベースに、水冷でVツインエンジンにカタナのボリュームが出せるのか——と思えたものの、実物を見ると……これはカスタムを越えた「カタナ」だ!

名車SV650をベースとしているだけに、運動性能や信頼性、耐久性やパーツ供給に問題はなし。

オリジナルカタナに乗る時に問題になるような乗りっぱなし、毎日の酷使にもじゅうぶん耐えられる。

画像4: 水冷Vツインなのにこんなに「カタナ」!

これはクラシック・リスペクトモデルなのだ。

「SVがベースということで、女性や小柄なライダーにも問題なく乗れるカタナです。新しいKATANAと一緒に走らせたいですね」

この「短刀」キット、一部の輸入通信販売でも入手可能だが、取り付けの微調整と修正や、純正カラーとの発色違いはいかんともしがたく。

画像5: 水冷Vツインなのにこんなに「カタナ」!

それを知ってMFDにオーダーしてくるお客さんも少なくないのだという。

カタナの歴史上、GAGベースや油冷GSX-R、バンディットや1400ベースのカタナが存在した。

この650短刀は、その中でも1〜2を争う再現度だ。

モトフィールドドッカーズ神戸店

画像: モトフィールドドッカーズ神戸店

第二神明・大蔵谷ICからクルマで約10分、最寄り駅はJR神戸線・明石駅のMFD神戸。

スズキ正規取扱店だが、広い店内に各種中古車も取り扱う、エリア有数の大型店だ。

TEL:078-974-8878 
兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和1084-1 

PHOTO & TEXT:中村浩史 取材協力:モトフィールドドッカーズ神戸店

公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.