あの大ヒット・アニメーションが奇跡の映画化! 冒険と真実の愛を描く究極のエンターテインメント「アラジン」が、2019年6月7日(金)より公開スタートし、爆発的ヒットを呼んでいる。そこで今回は、アラジン役を演じたメナ・マスードへのインタビューを大公開!

アラジン(メナ・マスード)

自由気ままな暮らしをしているが、いつか本当の自分の居場所を見つけたいと願う、清らかな心を持った青年。偶然出会ったジャスミンに心を奪われる。

アラジンはスーパーヒーローじゃないから共感を呼ぶんだ

──小さい頃、「アラジン」のアニメーションを見ましたか?

『もちろん見たよ。自分みたいに思えるキャラクターが出てくる、というのがステキだったね。それって、子供にとってはすごく大きなことなんだ。今回の映画が、同じ気持ちを子供たちに与えられたら最高だね。彼らが、僕やナオミに共感を覚えてくれたらすごく嬉しいよ』

──今回、あなたとナオミは主題歌を一緒に歌うのですよね。どうでしたか?

『ナオミはとても歌がうまいし、それに最高に優しい女性なんだ。僕らは同じタイプのエネルギーを持っていると感じたね。ジャスミン役に彼女以外の人は考えられないと思ったよ。今回彼女が歌うオリジナルの新曲は、今風でとてもパワフルなんだ。こちらも聞きどころだよ』

──ウィル・スミスとの共演はどうでしたか?

『ジーニー役はもう彼しかいないよね。ジーニーは観客に気に入られなければならないキャラクターだけど、ウィルは多くの人に愛されているし、その魅力が多いに発揮されているよ。

現場でも彼は誰に対しても親切で心が広かった。知っていることを惜しげもなく教えてくれた。僕とナオミがやりやすいよう、いろいろな気遣いもしてくれた。先生のような存在だったね』

──ディズニー映画にはいつも大切なメッセージがありますが、本作は何を語っていますか?

『アラジンはスーパーヒーローじゃない。スーパーパワーは何も持っていないんだ。そんな普通の人である彼が、難しい決断を迫られ、そして正しいことをしようと頑張るんだ。その姿に、大人も子供も共感できるんじゃないかな』

こちらもオススメ

「アラジン」作品解説。キャラ&楽しみポイントまで全解説!

【動画あり】王女ジャスミンが熱唱する新曲「スピーチレス~心の声」が素晴らしすぎる!と絶賛の声。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.