2019年月刊カメラマン誌のフォトコンテストの審査員で、フリーのフォトジャーナリストとして世界をまたにかけて活躍してきた長倉洋海氏。その長倉氏が、北海道釧路の自らの実家で、自らが培ってきた世界を触れ、感じ、伝えるためのノウハウを伝えるのが「長倉商店塾」。5年目を迎える2019年、夏恒例の期集中講座を開催する。

7/13-15の「取材と技術」編、8/10-12の「原点」編、8/30-9/1の「世界を捉える眼」編の3回を開講し、それぞれ定員20人、受講料は1万6000円(高校生無料)。申し込みは長倉洋海氏のホームページにある専用フォームから行える。詳細の問い合わせは下記まで。

長倉商店塾を応援する会事務局

mail:nagakura.store@gmail.com
tel:080-4504-1119(18時以降)

第I期
7/13(土)、14(日)、15(祝)「取材と技術」編
撮り、書き、見つめる〜どう伝え、表現するのか

第II期
8/10(土)、11(日)、12(祝振)の「原点」編
世界に自分を写す〜紛争地と辺境地への旅から

第III期
8/30(金)、31(土)、9/1(日)の「世界を捉える眼」編
現代社会を凝視する〜一瞬に永遠を見出す

会場:長倉商店塾
〒085-0004
北海道釧路市新富町16-12

画像: 長倉商店塾を応援する会事務局
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.