オリンパスは過酷な状況でも高画質な撮影を実現する、オリンパスのタフシリーズの新型カメラTough TG-6を発表した。カラーはレッドとブラックの2色。発売は2019年7月下旬で、価格はオープンで実売5万7240円(オリンパスオンラインショップ価格・税込)。

このTough TG-6は防水15m、防塵、耐衝撃2.1m、耐荷重100kgf、耐低温マイナス10℃、耐結露性を備えた強靭なボディのコンパクトデジタルカメラ。タフ性能やOM-D E-M1 Mark IIと同じ画像処理エンジンTruePic VIIIの搭載、1/2.33インチ有効画素数1200万画素CMOSセンサーは前モデルのTG-5と同じだが、イメージセンサーにゴーストやフレアを抑えるARコートが施された。新たにデジタルテレコン機能で200mm相当の望遠撮影が可能になり(P/A動画モードのみ)、深度合成モードは3〜10枚の範囲内から設定できるようになった。

プログラムAEおよび絞り優先AE時ではマクロモードの切り替えなしにレンズ前1cmまでの近接撮影とISO AUTO時のシャッター速度の低速限界も設定可能になった。さらに水中顕微鏡モードが追加されレンズ先端から1cmの近接撮影ができ、水中浅瀬、水中標準、水中デープダイビングの3種の水中WBも追加された。
実写レポートは月刊カメラマン7月号で掲載!

画像: Tough TG-6レッド

Tough TG-6レッド

画像: Tough TG-6ブラック

Tough TG-6ブラック

画像: Tough TG-6正面

Tough TG-6正面

画像: Tough TG-6背面

Tough TG-6背面

画像: Tough TG-6上面

Tough TG-6上面

オリンパスTough TG-6仕様

●レンズ:4.5~18mmF2-4.9(35mm判換算25~100mm相当)
●撮像素子:CMOSセンサー
●センサーサイズ:1/2.33インチ
●有効画素数:1200万画素
●AF方式:イメージャAF
●記録媒体:SD(SDHC/SDXC)メモリーカード
●ISO感度:ISO100-1600(オート時、マニュアル時は12800まで設定可能)
●液晶モニター:3.0型TFT(約104万ドット)
●大きさ:113×66×32.4㎜
●重さ:253g(メディア、バッテリー含む)

また、水中撮影用のアクセサリーとしてフィッシュアイコンバーターレンズFCON-T02も用意され、ワイド端で全周魚眼、8mm付近で対角魚眼の撮影ができる。さらに耐圧水深45mを実現するTG-6専用防水プロテクターPT-059も用意される。

画像: 全周魚眼撮影が可能なフィッシュアイコンバーターレンズFCON-T02を装着したTG-6。

全周魚眼撮影が可能なフィッシュアイコンバーターレンズFCON-T02を装着したTG-6。

画像: フチを回転させることで開閉可能なレンズバリア LB-T01(別売)を装着した状態。

フチを回転させることで開閉可能なレンズバリア LB-T01(別売)を装着した状態。

画像: 耐圧⽔深45mを実現した、TG-6専⽤防⽔プロテクター PT-059。水中ワイドコンバージョンレンズ PTWC-01や水中マクロコンバージョンレンズ PTMC-01を装着することもできる。

耐圧⽔深45mを実現した、TG-6専⽤防⽔プロテクター PT-059。水中ワイドコンバージョンレンズ PTWC-01や水中マクロコンバージョンレンズ PTMC-01を装着することもできる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.