ソニーは超望遠域の600mmをカバーするのEマウント用超望遠ズームFE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSを発売する。2019年7月26日発売。価格は27万8000円(税別)。

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSはソニーEマウント初の望遠端600mmまでをカバーする超望遠ズームレンズ。1.4×、2×テレコンバーターにも対応し、最長1200mmまでの超望遠撮影が可能になる。AF駆動にはDDSSMを採用し、高速で動く被写体を捉え続ける高速・高精度で高追従のAF。レンズ構成は17群24枚で非球面レンズ、EDガラスを採用し、Gレンズならではの美しいボケ味をもつ。さらに光学式手ブレ補正機構も内蔵。流し撮り対応のMODE2に加え、スポーツなど動きが不規則で激しい動体撮影時にフレーミングを安定させるMODE3を搭載する。

画像: FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

画像: FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSのレンズ構成図

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSのレンズ構成図

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

●焦点距離:200-600mm
●レンズ構成:17群24枚
●最小絞り:F32-36
●最短撮影距離:2.4m
●最大撮影倍率:0.2倍
●画角:12°30′-4°10′
●フィルター径:ø95mm
●大きさ:φ111.5×318mm
●重さ:2115g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.