STIは、スバルのモータースポーツ活動の核としてのみならず、インプレッサなどをベースに多くのコンプリートカーを世に送り出している。そんなSTIのリアルスポーツ・コンプリートを紹介していこう。

WRC3連覇を記念したモデルは、STiコンプリートの出発点

500台限定! インプレッサ 22BーSTiバージョン(1998年3月発表・発売)

画像: 2ドアクーペをベースに前後ブリスターフェンダーを装着し、全幅は1770mmにまで広げられた。

2ドアクーペをベースに前後ブリスターフェンダーを装着し、全幅は1770mmにまで広げられた。

1997年までのWRC3連覇を記念して、翌98年に発表・発売されたモデル。限定台数は500台。
WRカーのイメージを再現したワイドなブリスターフェンダーと、通常のWRXより排気量が大きいEJ22改の搭載など、特別感は歴代STIモデルの中でも随一。走りとプレミアム性を追求する、その後のSTIモデルの出発点ともなった。

画像: エンジンのボアを92mmから96.9mmにアップ。WRカー譲りのクローズドデッキタイプのシリンダーブロックを採用した。

エンジンのボアを92mmから96.9mmにアップ。WRカー譲りのクローズドデッキタイプのシリンダーブロックを採用した。

鍛造ピストンやメタルガスケットを採用したエンジンは、最高出力はあえて280psにとどめたが、最大トルクはEJ20を大きく上回る37.0kgmを発生、ツインプレートクラッチがそれを受け止める。

足回りはWRカー同様のビルシュタイン製ダンパーとアイバッハ製スプリング。13:1のクイックステアリングギアボックスを採用している。

画像: ステアリングはナルディの3本スポーク。メタル調のメーターパネルにホワイトメーターをセットしていた。

ステアリングはナルディの3本スポーク。メタル調のメーターパネルにホワイトメーターをセットしていた。

STIコンプリート図鑑のバックナンバー

インプレッサ22BーSTiバージョン 主要諸元

●全長×全幅×全高:4365×1770×1390mm
●ホイールベース:2520mm
●重量:1270kg
●エンジン型式・種類:EJ22改・対向4DOHCターボ
●排気量:2212cc
● 最高出力:280ps/6000rpm
●最大トルク:37.0kgm/3200rpm
●燃料・タンク容量:プレミアム・60L
●トランスミッション:5速MT
●サスペンション前/後:ストラット/ストラット
●ブレーキ前/後:Vディスク/Vディスク
●タイヤサイズ:235/40R17
●価格:500万円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.