平成の世との別れのとき。
そのさよならの向こう側に、燻るように、しかしギラギラと輝き続ける昭和が、
確かに私たちを照らしているのを感じる。
失われゆく昭和よ、来たるべき次代を照らす文化とならんことを。
音楽、ファッション、映画などのサブカルを中心にヴィンテージまみれの青春を20年以上ひた走る「おじさん女子」2人組L’amritaが、昭和歌謡の世界を、令和を迎えた日本を舞台に繰り広げます。

きまぐれは
生まれつき
だけど
黙ってさえいれば
誰にもわかりはしない

いつもの街
旅人の顔で
歩く
つかの間の孤独に
退屈をまぎれさせて

車道の音
街の潮騒ね
聞けば
にせものの涙が
ちいさな海になるかな

画像: 昭和歌謡を訪ね歩く「昭和という名の残照に」By L'amrita 中野で「時には母にない子のように・涙のオルフェ」の巻 第1回
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.