平成の世との別れのとき。
そのさよならの向こう側に、燻るように、しかしギラギラと輝き続ける昭和が、
確かに私たちを照らしているのを感じる。
失われゆく昭和よ、来たるべき次代を照らす文化とならんことを。
音楽、ファッション、映画などのサブカルを中心にヴィンテージまみれの青春を20年以上ひた走る「おじさん女子」2人組L’amritaが、昭和歌謡の世界を、令和を迎えた日本を舞台に繰り広げます。

駅前の喧騒が嘘のような薬師あいロード

中野北口、いつも人、人々…のサンモール商店街、そしてかの有名なディープスポット中野ブロードウェイを抜けて早稲田通りを渡ると、今回のお散歩の最初の目的地薬師あいロードの入り口です。
ここから新井薬師の山門まで続くこの商店街、おしゃれな飲食店などに混じって大正初期からのお店などもあり、道幅が広く、のんびりした雰囲気で飽きることなくぶらぶらできます。

画像1: 駅前の喧騒が嘘のような薬師あいロード

今回のモデルさん、女優のさくらこちゃんとここで待ち合わせ、お互いの知っているお店の話などしながら歩いていると、懐かしい雰囲気の文房具屋さんを発見。

画像2: 駅前の喧騒が嘘のような薬師あいロード

文房具屋さん特有の匂いに包まれながらあれこれ物色するのは、いくつになっても楽しいもの。
さくらこちゃんとのジェネレーションギャップを昭和好きの共通項で補いながら、楽しいお買い物タイムは続きます…

画像3: 駅前の喧騒が嘘のような薬師あいロード

昭和好きの私がこういった昔ながらの文房具店でお買い物をするとき、キャラクターものの鉛筆と、ノート類のコーナーは要チェック!そこそこの確率でかわいいデッドストック品に出会えます。

画像4: 駅前の喧騒が嘘のような薬師あいロード

私たちの小さい頃、町にひとつはあったファンシーショップ。最近はめっきり見なくなりましたが、どこへ行ってしまったのでしょうか?
その代わりというわけではないけれど、こういうお店にも女児向けのかわいい文房具がひっそり眠っていたりするので見逃せません。

画像5: 駅前の喧騒が嘘のような薬師あいロード
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.