タムロンは今年、1979年のSP(Superior Performance)レンズ登場から40周年を迎えるにあたり開発した「SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)」を発表した。発売は2019年6月26日(ニコン用)、7月25日(キヤノン用)で、価格は11万5000円(税別)。

SP 35mm F/1.4 Di USDはフルサイズ一眼レフ用レンズで、写りのみを追求し、絞り開放から一切の甘さを感じさせない解像力を持つという。軸上色収差を徹底的に抑え、美しくなめらかにとろけるボケを実現し、最上級の描写力で、風景、ポートレート、スナップなどさまざまなシーンに適しているという。
レンズ構成は10群14枚で4枚のLDレンズと3枚のガラスモールド非球面レンズを最適なバランスで配置している。さらに新開発BBAR-G2コーティングによりゴースト、フレアの発生を抑え、クリアでヌケの良い表現を実現している。AF駆動にはタムロン独自の超音波モーターUSD(Ultrasonic Silent Drive)を採用し、高速・高精度に動作する。また独自開発した ダイナミックローリングカム 機構により、フォーカスレンズの駆動負荷を極限まで減少させることに成功したという。
さらにレンズ鏡筒の可動部、接合の各所に防滴用のシーリング材を施した簡易防滴構造を採用。別売のTAMRON TAP in Consoleにも対応し、ファームウェアのアップデートやレンズ設定のカスタマイズも行える。
実写レビューは月刊カメラマン7月号に掲載予定!

画像: SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)。 SP 35mm F/1.8との違いはF1.8は小型・軽量で手ブレ補正機構を搭載。

SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)。
SP 35mm F/1.8との違いはF1.8は小型・軽量で手ブレ補正機構を搭載。

画像: SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)のレンズ構成図

SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)のレンズ構成図

SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)

●焦点距離:35mm
●レンズ構成:10群14枚
●最小絞り:F16
●最短撮影距離:30cm
●最大撮影倍率:0.2倍
●画角:63°26′
●フィルター径:ø72mm
●大きさ:φ80.9×102.3mm(キヤノン用は104.8mm)
●重さ:805g(キヤノン用は815g)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.