猫をモチーフにした写真、イラスト、雑貨などの作家が集まり展示・販売する猫の合同写真展「ねこ専」を渋谷ギャラリールデコで2019年6月22日(土)、23日(日)の2日間開催される。運営は「飛び猫合同会社(主宰は写真家・五十嵐健太さん)」。「ねこ専」は2014年から始まり今回で8回目の開催となり、一般公募の猫写真の展示エリアが新設される。

展示エリア情報

今回展示されるのは、会津鉄道の芦ノ牧温泉駅で地域おこしに貢献している「らぶ駅長とぴーち施設長」、Twitterで人気の大和猫さんやうなぎちゃんの作品、人気YouTuberの【マンチカンズ】、福島県で保護猫の活動をする上村雄高さんの写真作品「Call my name 原発被災地の犬猫たち 2019」、「飛び猫」、「フクとマリモ」、「ねこ禅」などベストセラー写真集を3冊出している五十嵐健太さんの猫写真、その他にも多数の猫作家の作品を展示。長辺150cmの大型写真から小さいサイズはA3サイズ、約400点の写真が展示予定だ。

展示作品の一部を紹介!

画像: ぴーち施設長(五十嵐健太)

ぴーち施設長(五十嵐健太)

画像: サトウ ヒロキ(のらねこに反応しがち)

サトウ ヒロキ(のらねこに反応しがち)

画像: 【マンチカンズ】

【マンチカンズ】

画像: 五十嵐健太

五十嵐健太

画像: ASUHA-明日葉-「エーゲ海のねこ」

ASUHA-明日葉-「エーゲ海のねこ」

画像: 上村 雄高「Call my name 原発被災地の犬猫たち 2019」

上村 雄高「Call my name 原発被災地の犬猫たち 2019」

画像: NAHO

NAHO

画像: 阪井壱成「光・一瞬」

阪井壱成「光・一瞬」

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.