2019年6月6日、メルセデス・ベンツ日本は7年ぶりにフルモデルチェンジした新型Bクラスを発表し、予約受注を開始する。ユーザーへの納車は、B180が2019年7月ごろ、B200dが10月ごろを予定している。(タイトル写真は、メルセデス・ベンツ日本の上野社長とアンヴェールに登場した子どもたち)

「ハイ! メルセデス」のインフォテインメントシステムも採用

新型Bクラスのエクステリアデザインは「センシュアル・ピュアリティ(官能的純粋)」というメルセデス・ベンツの新しい基本思想に基づき、ラインやエッジを大幅に削減した輪郭を採用している。
ワイド&ローかつスポーティなデザインは外観だけではなく、空力性能の改善にも貢献しており、Cd値は0.24を達成している。さらにルーフラインが低くなったことで前面投影面積も縮小され、クラストップレベルの空力性能を実現している。

画像: Aクラスよりも少し優しい顔つきとなっている。

Aクラスよりも少し優しい顔つきとなっている。

インテリアは新型Aクラスの基本的デザインを踏襲し、モダンでアバンギャルドにまとめられた。ダッシュボードはインストゥルメンタルクラスター上方のカウルを廃止し、ワイドスクリーンディスプレイがそのダッシュボード上方に置かれることで、より解放感があり、横方向のワイドさを強調するデザインとなっている。

画像: 助手席前のダッシュボード形状はAクラスと異なるが、基本的には同じデザイン。

助手席前のダッシュボード形状はAクラスと異なるが、基本的には同じデザイン。

Bクラスの特長である広い室内空間とユーティリティもさらに強化された。従来モデルでも定評のあった大人4人が快適に過ごすことができる広い室内空間をさらに拡大し、快適性の向上を追求した。
前席の室内幅は従来型より33mm、ヘッドルームも5mm拡大(欧州仕様参考値)し、リアシートのバックレストは4:2:4の3分割可倒式を採用している。

画像: リアシートバックは4:2:4の3分割可倒式を採用した。

リアシートバックは4:2:4の3分割可倒式を採用した。

パワートレーンは新型Aクラスと同様、B180には1.4Lターボのガソリンエンジン+7速DCT、B200dには2.0Lターボのディーゼルエンジン+8速DCTが組み合わされる。

画像: 写真左が1.4Lのガソリンターボ、右が2.0Lのディーゼルターボエンジン。

写真左が1.4Lのガソリンターボ、右が2.0Lのディーゼルターボエンジン。

また、「ハイ! メルセデス」でお馴染みとなった対話型インフォテインメントシステムMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)を搭載。
安全運転支援システムのインテリジェントドライブも、Sクラスと同等のものをオプション設定している。

画像: サイズ的には、従来型より全体的に少しずつ大きくなっている。

サイズ的には、従来型より全体的に少しずつ大きくなっている。

車両価格(税込み)は、B180が384万円、B200dが422万円。ハンドル位置は、すべて右のみ。
なお、B200dは2019年10月1日以降に配車・登録予定のため、消費税10%を適用している。

B180(B200d) 主要諸元

●全長×全幅×全高:4419×1796×1562mm
●ホイールベース:2729mm
●重量:未発表
●エンジン種類:直4 DOHCターボ(同 ディーゼルターボ)
●排気量:1332cc(1950)
●最高出力:100kW<136ps>/5500rpm(110<150>/3400-4400)
●最大トルク:200Nm<20.4kgm>/1460-4000rpm(320<32.6>/1400-3200)
●WLTCモード燃費未発表
●トランスミッション:7速DCT(8速DCT)
●タイヤ:205/55R17
●車両価格:384万円(422万円)<税込み>

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.