アメリカで最も有名な90歳の現役セックス・セラピスト、ドクター・ルースの波瀾万丈な人生を描いたドキュメンタリー映画『Ask Dr. Ruth(原題)』が邦題『おしえて!ドクター・ルース』として2019年8月30日(金)より全国公開されることが決定した。
画像: 性の悩みを90歳のおばあちゃんが解決!『おしえて!ドクター・ルース』公開決定

彼女の言葉には“自分らしく生きるヒント”が詰まっている

1981年ニューヨーク。日曜深夜、ラジオから流れるトーク番組「セクシュアリー・スピーキング」に人々は夢中になった。誰も教えてくれない性のお悩みをズバリと解決するドクター・ルース。身長140センチ、ドイツ訛りの彼女は、そのチャーミングなキャラクターで、たちまちお茶の間の人気者になった。

彼女の評判は全米中を駆け巡り、84年にはテレビ番組が全国ネットでスタート。一大ブームを巻き起こした。性の話はタブーだった時代に、エイズへの偏見をなくすべく立ち上がり、中絶問題で女性の権利向上を後押しし、LGBTQの人々に寄り添ってきた。

家族をホロコーストで失った少女時代、終戦後はパレスチナでスナイパーとして活動し、女性が学ぶことが難しかった時代にソルボンヌ大学で心理学を、コロンビア大学院で博士号を取得し、セラピストとしての知識を深めるためコーネル大学へと進学。その間アメリカに渡り、未知の国で英語も不十分なまま、シングルマザーとして娘を育てた。そして、30歳の時に、3度目の結婚で最愛の夫フレッドと出会う。

自分らしく生きるために学び、恋し、戦い、働く。いつだって笑顔で前を向く“ドクター・ルース”はいかに誕生したのか。彼女の言葉には、私たちが“自分らしく生きるヒント”が詰まっている。

画像: 彼女の言葉には“自分らしく生きるヒント”が詰まっている

これまでドキュメンタリーの企画依頼を断り続けてきたルースだが、90歳になるにあたり、自身の家族に人生を語り継ぎ、アメリカ社会の性教育においての自分の役割を記録する必要があると感じ、今回の映画化を許諾した。

見事彼女を口説き落としたのがライアン・ホワイト監督。ビートルズを支えた元秘書の独白を記録した『愛しのフリーダ』(13)や、サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門監督賞を受賞した『ジェンダー・マリアージュ〜全米を揺るがした同性婚裁判〜』(14)、などを手がけてきた注目のドキュメンタリー監督だ。

アメリカでは2019/3/3に公開され、”幸せな100分間。”- Los Angeles Times、 ”「80年代に彼女の番組を聴いて、命を救われた」と言う視聴者の女性がいた。それはきっと彼女だけではない。”- ReelViews 、と彼女の功績を振り返るとともに作品を絶賛、海外レビューサイトRotten Tomatoesでは、94%と高い満足度を獲得している。(2019/5/31時点)

このたび解禁されたビジュアルでは、普段聞くことのできない性の悩みだけでなく、自分らしく生きるためのヒントを教えてもらえる、とダブルミーニングにもとれる邦題と、鮮やかなショッキングピンクのシャツを着こなし、笑顔で語りかけてくる様子のドクター・ルースが描かれている。

“現役最高齢”の女性判事に密着したこちらのドキュメンタリーも注目!

おしえて!ドクター・ルース
2019年8月30日(金)、新宿ピカデリーほか全国公開
配給:ロングライド

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.