2019年6月2日、ル・マンのサルテサーキットで「テストデー」が行われ、いよいよル・マン24時間耐久レースの戦いが始まった。長い2018-2019 WECスーパーシーズンもこのル・マンが最終戦。トヨタのル・マン2連覇なるか、ドライバーズタイトルは7号車と8号車どちらに軍配があがるのか。6月15日の決勝に向けて、トヨタは順調なスタートを切ったようだ。

トヨタは2台で220周、2998kmを走破、入念にセッティングをチェック

「テストデー」はル・マン24時間決勝レースへ向けた重要な最初のテストで、公道を含めた1周13.626kmのサルテサーキットをレースウィーク以外で走る唯一の機会となる。

8時間にわたって走行セッションが設けられるが、2週間後のル・マン24時間レースに参加するためには、過去のル・マンの勝者であっても、この最低3周の計時走行をこなす必要がある。

トヨタTS050 HYBRID 勢では、すべてのドライバーが規定をクリアする周回をこなし、 8号車がセバスチャン・ブエミのドライブで最速タイム3分19秒440をマーク。7号車はマイク・コンウェイが8号車から0.809秒遅れとなる3分20秒249で2番手タイムとなった。このタイムは昨年のテストデーでのものよりも遅いが、性能調整により車両最低重量が10kg増加した影響もあるようだ。

チームは広範囲にわたるセッティング作業を行い、2台のTS050 HYBRIDの合計で220周、2998kmを走破。来季よりトヨタのレギュラードライバーとして加わることが発表されているブレンドン・ハートレーも、リザーブドライバーとして初めてTS050 HYBRIDをドライブした。

テスト終了後、7号車をドライブした小林可夢偉は「車両のセットアップが進み、どんどん良くなっていきました。問題も起きず全体的に順調な一日でした。もちろん、今日のラップタイムで結論づけてしまうのは早すぎますが」、8号車の中嶋一貴は「今日の主な目的は周回をこなして感覚を取り戻すことと、様々なセッティングのチェックでした。何も問題なく順調に進んでいます」と語っている。

また今年のル・マンがトヨタでの最後のレースとなるフェルナンド・アロンソ(8号車)は「たっぷりと周回できて有意義なテストとなりました。全てが予定通りに進み、満足しています」とコメントしている。

チームはこのままル・マンにとどまり、6月4日に1周4.14kmのブガッティ・サーキット(サルテサーキットの一部である常設サーキット)で正式なシェイクダウンテストを行い、6月10日にル・マンの市内で行われる公開車検にのぞむ。

ル・マン24時間のレーススケジュールは、6月12日22時予選1回目、6月13日19時予選2回目、6月13日22時予選3回目と進む。決勝は6月15日15時〜6月16日15時に行われる。(すべて現地時間、日本との時差は7時間)

画像: トヨタは2台で220周、2998kmを走破、入念にセッティングをチェック
画像: トヨタTS050 HYBRID 7号車をドライブする小林可夢偉。

トヨタTS050 HYBRID 7号車をドライブする小林可夢偉。

画像: 8号車をドライブする中嶋一貴。ル・マンの怖さをよく知っているドライバー。

8号車をドライブする中嶋一貴。ル・マンの怖さをよく知っているドライバー。

画像: 世界チャンピオンとル・マン2連覇を狙うフェルナンド・アロンソ 。8号車トヨタ TS050 HYBRIDをドライブする。

世界チャンピオンとル・マン2連覇を狙うフェルナンド・アロンソ 。8号車トヨタ TS050 HYBRIDをドライブする。

WEC第8戦 ル・マン24時間 テストデー結果(LMP1クラス)

1位 8 トヨタ TS050 HYBRID 108周 3:19.440
2位 7 トヨタ TS050 HYBRID 112周 3:20.249
3位 1 レベリオンR13・ギブソン 77周 3:21.323
4位 11 BRエンジニアリングBR1・AER 61周 3:22.061
5位 3 レベリオンR13・ギブソン 84周 3:22.194

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.