パナソニックはLマウントシステム交換レンズ用のテレコンバーターを発売する。1.4倍と2倍の2種で、発売は2019年6月25日。価格は1.4×テレコンバーターDMW-STC14が6万3000円(税別)で、2×テレコンバーターDMW-STC20が6万7000円(税別)。

DMW-STC14と、DMW-STC20はフルサイズミラーレス一眼のLマウント用で、対応レンズはLUMIX S PRO 70-200mm F4 O.I.S.用(2019年6月時点)。このテレコンバーターを装着することにより高い描写性能を維持し、高速・高精度AFを実現しながら140mmから最大400mmまでの超望遠撮影ができる(1.4倍装着時は98mmから280mm)。防塵・防滴構造、マイナス10℃の耐低温設計で厳しい環境下での撮影にも対応する。

DMW-STC14

●レンズ構成:4群7枚(UHRレンズ2枚)
●マウント:ライカカメラ社L-Mount規格準拠
●その他:防塵防滴仕様(パナソニック製防塵防滴対応ボディ・レンズ装着時)
●大きさ:φ65.3×27.6mm
●重さ:約180g

DMW-STC20

●レンズ構成:4群8枚(UHRレンズ2枚)
●マウント:ライカカメラ社L-Mount規格準拠
●その他:防塵防滴仕様(パナソニック製防塵防滴対応ボディ・レンズ装着時)
●大きさ:φ65.3×41.6mm
●重さ:約230g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.