TOYO TIREはSUV向け全天候型オールシーズンタイヤ「CELSIUS(セルシアス)」を2019年8月1日より発売する。サイズは全6サイズ。価格はオープン。

欧米で人気のオールシーズンタイヤを日本市場で展開

TOYO TIREは、オンロードの上質な走りを実現する「PROXES(プロクセス)」、オフロードの力強い走破性を発揮する「OPEN COUNTRY(オープンカントリー)」と、2つの製品シリーズをTOYO TIRESブランドから展開している。

今回日本市場で発売する「CELSIUS(セルシアス)」は、2015年より北米をはじめ欧州に投入していたオールシーズンタイヤという全天候型の製品。突然の降雪でも安心感のある走行ができるオールシーズンタイヤとして支持されており、都心でも増えているSUVユーザーに向けて顧客開拓を図っていく。

「CELSIUS」は、1年を通して安定した走行を実現する性能を有したSUV用タイヤ。トレッドコンパウンドには、シリカの分散を向上させるアクティブポリマーを採用し、「スノーフレークマーク」の打刻が認められるスノー性能を持ちながら、夏タイヤに必要なウエット性能向上と転がり抵抗の抑制を実現。また、オールシーズンタイヤとして、降雪路面においてしっかり走れるスノー性能とドライ/ウエット性能を最大限に発揮する非対称パターンを採用し、オールラウンドカテゴリーにふさわしいタイヤ性能を備えている。

セルシアス 全6サイズ(価格はすべてオープン)

15インチ 

165/60R15 77H

16インチ 

215/60R16 99V(XL)
215/65R16 98H

17インチ

215/60R17 96V
225/60R17 99V
225/65R17 102H

オールシーズンタイヤって?

オールシーズンタイヤは、主にヨーロッパで販売されている乗用車用タイヤのカテゴリーだ。春/夏/秋の路面では、サマータイヤと変わらないドライ/ウエット性能を発揮することに加え、冬の雪道も走ることができる。つまりはサマータイヤ/ウインタータイヤの履き換えなしに、1年中履いていられることから、「オールシーズン」タイヤ、と呼ばれている。

日本では、2008年から販売されているグッドイヤーの「ベクター フォーシーズンズ」が有名だ。そして昨シーズンから、ミシュラン「クロスクライメート」が本格展開をはじめ、俄然注目が集まっている。

国内タイヤメーカーは、昨シーズンまでオールシーズンタイヤを日本では展開していない(住友ゴムはFALKENブランドで国内展開)が、もちろん欧州市場ではこのジャンルのタイヤを販売しており、今シーズンからは今回紹介したTOYO TIREをはじめとして、いくつかの国内メーカーが日本でも展開するとされている。

1年中履き換えがいらない、ということは、その手間やコストがいらないということだし、タイヤ保管場所もいらない。メリットは多くある。

ただしスタッドレスタイヤに比べてアイス性能は落ちるし、多くのサマータイヤに比べると静粛性やエコ性能も低い場合が多い。また決して「万能タイヤ」ではなく、とくに凍った路面(アイスバーン)では、スタッドレスタイヤのようにはグリップしないことを忘れずに。

画像: TOYO TIRE CELSIUS

TOYO TIRE CELSIUS

画像1: オールシーズンタイヤって?
画像2: オールシーズンタイヤって?
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.