先代のYZF-R25のメカニカルコンポーネントを使ったスポーツネイキッドがMT-25。R25そのままのエンジンを搭載し、軽量な車体を活かした快活なフットワークが魅力のモデルだ。2015年に登場して以来、高い人気を誇るこのモデルの魅力に迫ってみよう。

パワフルでクイックな走りと独創的なスタイルはいまだ新鮮

MT-25は先代となったYZF-R25のカウルレス版で、先代R25と同時開発された生粋のスポーツネイキッドバイク。

画像1: パワフルでクイックな走りと独創的なスタイルはいまだ新鮮

エンジンや前後サスペンションのセッティングも同一だ。先代R25は「毎日乗れるスーパーバイク」をキーワードに、スポーツ指向とストリート指向のバランスを大切にしたセッティングとしていたが、このMT-25もその絶妙なバランスを活かした快速スポーツに仕上がっている。

画像2: パワフルでクイックな走りと独創的なスタイルはいまだ新鮮

スタイリングのイメージは先代R25とは異なり、剥き出しのエンジンと高さのあるタンク、アンダーカウルが車体前側に凝縮され、躍動感と静的な迫力がある。

ハンドルは先代R25より39㎜高く、19㎜手前にセットされ、アップライトなポジションを実現。小柄なライダーでも楽に乗れる設定とされている。

画像3: パワフルでクイックな走りと独創的なスタイルはいまだ新鮮

R25譲りの2気筒エンジンは非常にパワフル。特に中高回転域が素晴らしく、6000回転あたりから徐々に勢いが増し、1万回転まで一気に吹け上がる特性は爽快の一言。

画像4: パワフルでクイックな走りと独創的なスタイルはいまだ新鮮

カウルという重量物がなく、グリップ位置が近いため、ハンドリングはR25よりも軽く、切り返しもクイック。ハンドルに手を添えているだけで操れるような感覚で、ストリートからワインディングまで、自由自在に楽しめるのも大きな魅力だ。

ベースとなったR25はモデルチェンジを迎えて新型となり、スポーツネイキッドクラスのライバル車もアップデートされつつあるが、いまだMT-25の斬新さは色あせていない。

写真:赤松 孝、南 孝幸/文:編集部
※写真のカラーは2018年モデルです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.