日頃の読者の皆様のご愛顧にお応えして、月刊カメラマン2018年5月号にて実施した、メーカー各社の人気商品をモニター& プレゼントする「創刊40周年記念! モニター & BIG プレゼント!!」。当選者の方から使用レポートが届きました。今回は「ベルボン UT-43」を原田正博氏がレポートいたします。
画像: <創刊40周年記念モニターレポート>「軽さが一番! 撮影旅行に持参したい!」ベルボン UT-43 ●原田正博(千葉県)

ベルボン「UT-43」

画像: ベルボン「UT-43」

脚を180度反転して折りたたむことで、驚異的な小型高性能を誇る「UTシリーズ」の小型モデル。ボール雲台のトルク調整機構を新たに搭載。徹底した省スペース設計による驚きの携帯性に、さらなる高機能を追加した。■実勢価格:1万8070円 *実勢価格は2019年5月下旬に編集部が大手量販店にて調べました。

軽さが一番! 撮影旅行に持参したい!

最初手にしたとき、あまりにもコンパクトなので驚き、それまで使っていた三脚が大きかったので、いったい今までは何だったのだろうと思いました。

まず説明書を読まずに使ってみようと試したところ、なんだか知恵の輪のようでチョット戸惑いました。でも上手くいかなくて手間取ったのは最初だけで、慣れてくると思いのほかスムーズに操作できるようになりました。

使用感としては、まず軽さが一番(後期高齢者にとって)です。高さも6段にしてみるとちょうど良く、使い易いのと、雲台の水平移動がスムーズで流し撮りに最適です。ただ、やはり強度的には少し無理が効かないようです。

これからの撮影旅行に持参しようと思います。

画像: 軽さが一番! 撮影旅行に持参したい!

原田正博

カメラとの出会いは小学校4年生10歳(今から65年前)、父の二眼レフが最初です。それからはアルバイトしながらカメラ漬けです。今は地元の写真クラブに在籍しています。使用カメラはキヤノン、ソニー、富士フイルム、リコーと多様で、写真を楽しんでいます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.