2019年5月29日、フェラーリがニューモデル「SF90ストラダーレ」(Ferrari SF90 Stradale)を発表した。V8エンジン搭載のプラグインハイブリッド(PHEV)で、最高出力は1000ps、最高速は340km/h。フェラーリのラインナップの最高峰に位置づけられるモデルになるという。

4L V8ターボエンジンに3個の電動モーターを組み合わせて最高速は340km/h

SF90ストラダーレの「SF」はスクーデリア・フェラーリ、つまりフェラーリレーシングチーム、「90」はフェラーリ創立90周年、「ストラダーレ」は公道仕様であることを意味する。つまり「フェラーリレーシングチームが開発した公道仕様の90周年記念モデル」というわけだ。

フェラーリは2019年に5つのニューモデルの発表を予定しているが、この「SF90ストラダーレ」はジュネーブオートサロンで公開された「F8トリブート」に続く、第2弾ということになる。

そのパワートレーンは4L V8ターボエンジンに3個の電動モーターを組み合わせたハイブリッドで、3個のモーターのうちの2個はフロントアクスルの左右に独立して配置され、もう1個はミッドシップのエンジンとギアボックスの間にレイアウトされる。エンジンに直結したリアのモーターで発電し、この電力でフロント左右のモーターを駆動。必要とあらばリアモーターも駆動、3つのモーターの駆動力をコントロールすることで、どんな状況にも対応する4WDシステムを構築する。

直噴V型8気筒ガソリンターボエンジンは新たに設計されたもので、ボアを88mmとして排気量を3902ccから3990ccに拡大。最高出力780ps/7500rpm、最大トルク800Nm/6000rpmを発生する、フェラーリ史上最強のV8ユニットとなっている。このエンジンは吸排気系や直噴システムなどもハイブリッド化にあわせて設計し直され、低重心化されているのも特徴だ。

3個のモーターはV8エンジンの出力にあわせて駆動力を伝え、エンジンとモーターを合わせたシステム全体で1000psのパワーを引き出すという。

8速デュアルクラッチ「F1」トランスミッションも完全な新設計。後退をフロントのモーターで行うことでリバースギアをなくしコンパクト化、エンジンの搭載位置を15mm下げたことに対応して入力軸の高さも変更している。また、変速スピードも従来型から30%も速くなっているという。

画像: 「SF90ストラダーレ」は、6262ccのV型12気筒ガソリンエンジンにハイブリッドシステム「HY-KERS」を組み合わせてシステム全体で963psのパワーを獲得していた「ラ・フェラーリ」をも超える史上最強のモデルということになる。

「SF90ストラダーレ」は、6262ccのV型12気筒ガソリンエンジンにハイブリッドシステム「HY-KERS」を組み合わせてシステム全体で963psのパワーを獲得していた「ラ・フェラーリ」をも超える史上最強のモデルということになる。

F1の「DRS」をヒントにした「シャットオフ・ガーニー」を採用

ハイブリッド化による重量増に対応して、低重心化とともに、最新のF1のノウハウを導入したエアロダイナミクス性能が取り入れられている。中でも注目はリアウイングに採用された「シャットオフ・ガーニー」と呼ばれる可動エレメントシステム。リアウイングの一部が電動アクチュエータによって上下し、ダウンフォースをコントロールする。F1の「DRS」のようなメカニズムだ。これにより、250km/h時のダウンフォースは390kgに達するという。もちろん、エアロダイナミクス性能は単にダウンフォースだけでなく熱の放出にも配慮されている。

フラビオ・マンゾーニ率いるフェラーリ・スタイリングセンターによるデザインは、マトリックスLEDを採用した特徴的なC字型ヘッドライト、高い位置のエグゾーストパイプ、横に長い形状のテールライトなどによって、低重心を強調する独創的で未来的なものになっている。

インテリアにも新しいテクノロジーが採用されている。インパネは完全にデジタル化、タッチセンサーによる操作系が導入され、親指だけでほとんどの車両の機能の80%を操作できるようになった。

フェラーリとして初めて、標準仕様車とスポーツ指向仕様車のふたつのバージョンを用意されるのも注目点。そのスポーツ指向仕様(Assetto Fiorano)には、マルチマチック・ショックアブゾーバー、カーボンファイバーやチタンを採用した超軽量コンポーネント、カーボンファイバー製リアスポイラー、専用開発のミシュラン パイロットスポーツ Cup2 タイヤが装備される。

なお、「SF90ストラダーレ」は限定モデルではなく、カタログモデルとして設定されるが、車両価格や販売時期などは明らかになっていない。

画像: 0~100km/h加速2.5秒、最高速340km/hのパフォーマンスを実現。リチウムイオンバッテリーの容量は7.9kWh。「eDrive」モードでは最大25kmのゼロエミッション走行が可能、EVモード時の最高速は135km/hとなっている。

0~100km/h加速2.5秒、最高速340km/hのパフォーマンスを実現。リチウムイオンバッテリーの容量は7.9kWh。「eDrive」モードでは最大25kmのゼロエミッション走行が可能、EVモード時の最高速は135km/hとなっている。

フェラーリ SF90 ストラダーレ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4710×1972×1186mm
●ホイールベース:2650mm
●重量:1570kg(乾燥重量)
●エンジン種類:90度V8DOHCツインターボ
●排気量:3990cc
●最高出力:780ps/7500rpm
●最大トルク:800Nm/6000rpm
●モーター最高出力:162kW(220ps)
●バッテリー容量:7.9kWh
●ハイブリッド総合出力:1000ps
●トランスミッション:8速DCT
●駆動方式:4WD(e4WD)
●タイヤ:前255/35ZR20、後315/30ZR20
●最高速:340km/h
●0→100km/h加速:2.5秒
●0→200km/h加速:6.7秒
●100km/h→0:29.5m以下

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.