クルマ好きのサイト、Webモーターマガジンがクルマ情報に特化したSNSカーデイズ(https://car-days.fun/)とお届けする、自動車に関する4択式のクイズコーナーです。今回は今人気の軽自動車たちの性能についてです。回答すると解説付きで答えを確認出来ますので、是非気軽にチャレンジしてみてください。

Q.1
2014年にモデルチェンジ後、安全性能がさらに高まった事で人気を集めているダイハツ ムーヴ。では、ダイハツが開発した予防安全機能の総称は?

画像1: 【知って得するクルマのクイズ⑧】今回は人気の軽自動車たちの“ここが凄い!” がテーマです。
  • 1.スマートドライブ
  • 2.スマートアシスト
  • 3.セーフドラーブ
  • 4.セーフアシスト
  • 1.スマートドライブ
    3
    3
  • 2.スマートアシスト
    88
    101
  • 3.セーフドラーブ
    3
    4
  • 4.セーフアシスト
    6
    7

正解:2

ダイハツ工業が開発したスマートアシストは、現在Ⅱ、Ⅲと進化を続けており、気づく&止まる(衝突回避ブレーキ機能)、飛び出さない(誤発進制御機能)、気付く(衝突警告機能)、、はみ出さない(車線逸脱警報機能)、夜道対応(オートハイビーム)等々のアシストをします。略称としてスマアシと呼ばれることもあります。
※車種の年式等で機能の範囲は異なります。

Q.2
現行のスペーシアでは、先代に装備されていたデュアルカメラブレーキサポートがより進化しました。どのような性能に変わったでしょうか?

画像2: 【知って得するクルマのクイズ⑧】今回は人気の軽自動車たちの“ここが凄い!” がテーマです。
  • 1.デュアルからクアトロ(4台)カメラになった
  • 2.音声録音が可能になった
  • 3.単眼カメラと赤外線センサーを組み合わせた
  • 4.取り外してハンディカメラで使えるようになった
  • 1.デュアルからクアトロ(4台)カメラになった
    12
    13
  • 2.音声録音が可能になった
    4
    4
  • 3.単眼カメラと赤外線センサーを組み合わせた
    83
    92
  • 4.取り外してハンディカメラで使えるようになった
    2
    2

正解:3

デュアルカメラは、近距離や夜間の検知に優れたレーザーレーダーと、中・長距離に強く歩行者も認識する単眼カメラを組み合わせで、衝突回避をサポートするデュアルセンサーブレーキサポートへと進化しました。デュアルセンサーブレーキサポートには、ハイビームアシスト機能も組み込まれました。

Q.3
車内空間の広さと大容量の収納スペースで人気を集めているホンダN-VAN。助手席側の開口幅は最大で何mmでしょうか?

画像3: 【知って得するクルマのクイズ⑧】今回は人気の軽自動車たちの“ここが凄い!” がテーマです。
  • 1.1000mm
  • 2.1250mm
  • 3.1330mm
  • 4.1580mm
  • 1.1000mm
    8
    10
  • 2.1250mm
    31
    38
  • 3.1330mm
    25
    30
  • 4.1580mm
    36
    43

正解:4

助手席側をピラーレスとすることで1580mmという開口幅を実現。また室内高を1365mm(ハイルーフモデル)とし、大きな荷物の積み込みや乗り降りがしやすい構造になっています。その他、運転席の足元へ物が落ちるのを防ぐストッパー、インパネやフロントドア内側のトレーやフック、スマートフォンやタブレットの充電に便利なUSBジャックなど、便利な装備も充実しています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.