世界中で社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した冒険ファンタジー超大作『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』三部作の原作者、J・R・R・トールキンの前半生を描き出す映画『トールキン 旅のはじまり』の待望の公開日が2019年8月30日(金)に決定した。

あの壮大な冒険物語はどのような半生から生まれたのか?

世に出てから半世紀を超えても、世界中の人々に愛され、新たな読者を獲得し続けている傑作小説、J・R・R・トールキンの「ホビットの冒険」、そして「指輪物語」。その影響力は出版界だけにとどまらず、映像、舞台、美術、音楽、ゲームと、様々なジャンルのクリエイターたちがインスパイアされてきた。

魔法使い、ホビット、ドラゴン、神話上の生き物たちが行き交う胸躍る世界は、いったいどんな想像力から創り出されたのか? 恐ろしい闇にのみこまれても、決して仲間を裏切らない美しい物語は、どんな心が生み出したのか──? トールキンの知られざる少年時代と、波乱と激動の青年時代に迫る、実話を基にした感動のエンターテインメントが完成した。

トールキンを演じるのは、『女王陛下のお気に入り』、『X-MEN』シリーズのニコラス・ホルト、彼のミューズとなるエディスには『あと1センチの恋』のリリー・コリンズ。そして、監督にはフィンランドが誇る注目の才能ドメ・カルコスキと、今後の映画界を牽引する気鋭のスタッフ・キャスト陣が集結している。

今回到着したのは、「ホビットの冒険」や「指輪物語」といった名作たちに影響を与えたといわれる、トールキンの鮮やかな前半生の様子を切り取った場面写真の数々。幼い頃から物語を創ることが好きだったというトールキンが筆を執って机に向かう姿、“アートで世界を変えよう!”と誓い合ったかけがえのない親友たちとの日々、トールキンが人生をかけて愛した初恋の相手であり、エルフのモデルにもなったエディスと仲を深めていく様子などが穏やかなタッチで映し出されている。

画像1: あの壮大な冒険物語はどのような半生から生まれたのか?
画像2: あの壮大な冒険物語はどのような半生から生まれたのか?
画像3: あの壮大な冒険物語はどのような半生から生まれたのか?

同じ目的に向かう親友たちの関係や、リリー・コリンズ演じるエディスの美しさは、かの名作で描かれてきた仲間たちとの冒険や、エルフとの恋愛物語にも重なり、トールキンが生んだあの名作を知る人ならだれもがワクワクしてくることは間違いない。

本作の監督を務めるほか、自身もトールキンが生んだ作品の大ファンであるというドメ・カルコスキ監督も、「この映画では、彼が成長過程の中でどのように自分の想像力を構築していったのか、そしてその想像力を使い、私たちなど多くの世代が共感できるあの物語を、どのように作り上げたのかを描くように心がけた。私たちが知らなかった、彼の人生を知ることができると思う」と明かす。

トールキンがどのような人生を経て、あの壮大な冒険物語へのイマジネーションを膨らませていったのか、その前半生の行方に目が離せない。

主演を務めるニコラス・ホルトの初来日時のお宝ショットがこちら!

トールキン 旅のはじまり
2019年8月30日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
配給:20世紀フォックス映画
©2019 Twentieth Century Fox

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.