650ccなら大型バイクの初心者にも優しいなんて言われるけど、それって本当? ……と、いうことでガチの初心者に乗ってもらいました! 大型二輪はおろか中型バイクですら自分で所有したことがないライダーでも、スズキのSV650ならば、きっと楽しく乗れる……はず?

ミドルクラスはビギナーにも優しいって本当か?

画像: ミドルクラスはビギナーにも優しいって本当か?

スズキのSV650など、排気量が650cc~750ccくらいまでのミドルクラスは、ちょうど良いパワーと大きすぎない車体で乗りやすい。

だから大型バイク初心者にも優しいっていう話、よく聞きますよね。

でも実際、リアルに大型バイク初心者が乗ってみた感想っていうのは、あまり聞くチャンスが無いものです。

だいたいはある程度以上、運転技術のあるライダーが乗っての感想がほとんどですから。

でも今回は違いますよ?

発見しました、リアル初心者……しかも、女子!

でっかいバイクが好き! だけどバイクの所有経験は無し!?

画像1: でっかいバイクが好き! だけどバイクの所有経験は無し!?

浅賀こころちゃん(愛称はあさころちゃん)は、でっかいフルカウルのスポーツバイクに憧れて、教習所で一気に大型二輪免許まで取得。

いまどきは女子だって大型の時代です。

でも、まだ自分のバイクを所有したことは一度もありません。

たまにレンタルバイクで乗る程度のほとんどペーパーライダーです。

画像2: でっかいバイクが好き! だけどバイクの所有経験は無し!?

実は彼女、免許を取得してから憧れのバイクを見にお店にいって「これは大きすぎて運転できない」と挫折したそう。

しかし、今回乗ってもらうのはスズキのSV650です。

軽くてスリムで扱いやすい、でも走りはきっちりスポーティ!

このバイクなら、きっとあさころちゃんも楽しく乗れる……はず?

SV650はどう感じる?

画像1: SV650はどう感じる?

『写真で見て、もっと大きいバイクかと思ってたんですけど、思っていたより小さくてホッとしました。小さすぎる訳じゃないけど、見た目から安心です』

運転技術に自信がない初心者(しかも女子)に、いきなり見知らぬ大型バイクに乗ってくれ!というのは、考えてみればけっこうな無茶振り。

でもSV650のコンパクトさは、心のハードルも低くしてくれたみたいです。

画像2: SV650はどう感じる?

そこに安心できたなら、次にくるのはワクワクと緊張でしょう。

でも、あさころちゃんが言うには

『すごく乗りやすそうです。ハンドルも遠すぎないし、幅もちょうどいいんですよ。顔(ヘッドライトとメーターバイザーのこと)もかわいいし、とってもステキです!』

憧れバイクの大きすぎる車体に一度は挫折したからこそ、この感想にも重みがあるというもの。

それじゃあ、まずは試しに街乗りから。

SV650の本当に初心者にも乗りやすいのか? 検証です!

発進が怖くない!

ビギナーにとって最も怖いもの。それはエンストです。

でも大きくアクセルを開けてクラッチをつなぐのも怖いからできない。

だけどあさころちゃん、思ったよりもスッと走り出しました。

あれ? けっこう運転うまい?

でも、そうじゃなかったみたいです。

画像1: 発進が怖くない!

『このバイク、発進がすごく軽いんですね。それに走ってるときも軽い。ぜんぜん怖くないから逆にびっくり』

きたきた。いいリアクション!

早速、スズキのローRPMアシストが良い仕事をしてくれました。

発進時や低速走行時に自動でエンジン回転数をすこし上げて、走りをサポートしてくれるこのシステム。

発進が不安な人には絶大な効果がありますからね!

画像2: 発進が怖くない!

このバイクなら大丈夫そう! って感じたことが見ているだけでわかります。

試走から15分もしないうちに、ご覧のとおり。

けっこう自信をもって運転してます。いいぞSV650、良い仕事だ。

そして!

画像3: 発進が怖くない!

めっちゃ楽しそう!(笑)

やっぱりバイクはこうじゃないとネ。

走った後に笑顔がこぼれるのを止められない。

こういう経験、みんなが通る道です。

そうやってバイクをどんどん好きになっていくんですよね!

中身だけ大型バイク?

画像1: 中身だけ大型バイク?

予想していたよりも3倍くらい速いペースでSV650に馴染んだあさころちゃん。

『もっと走りたい!』って言うからちょっと高速道路へ。

その気持ち、わかります……走っているだけで楽しいもんね。

この感覚にはビギナーもベテランも関係ありません。

それにしても、大型バイク初心者を短時間でこういうテンションにもっていけるSV650って、かなりスゴいと思います。

画像2: 中身だけ大型バイク?

そして高速ですが、見ているこっちが幸せになるレベルで笑ってます。

『これ、中身だけが大型バイクっていうことなんですね。なめらかにヴァーーーッ!って加速するんです。音にパワーを感じます!』

中身だけ大型(笑)

言い得て妙、というやつです。

バイクに対する詳しい知識なんて無いから、感じたことをそのまま言葉にする。

そして、それが正しい。

SV650は400cc並みコンパクトなボディに650ccのパワーが与えられてますから!

教習車より乗りやすい!

画像1: 教習車より乗りやすい!

『はじめてのバイクはギアが何速で走ったらいいかわからないし、エンストも怖いんですけど、全然そんなことない。 何ならこれ、免許を取ったときの教習車よりも乗りやすいと思ってます。

な、なるほどです。

バイクの経験が少ないから教習車がひとつの基準。

それと比べてみて、SV650はもっと運転がしやすいと感じた様子です。

『だって、めちゃくちゃ軽いんです。大型(二輪)免許をとったら、やっぱり大きいバイクに乗りたい!って思ってました。でも、このほうがいいかも……』

画像: ライダー身長/163cm

ライダー身長/163cm

『それに、足が両足とも届きます。道に迷った時とか安心です。軽いから、跨って足をついたまま動かせるんですよ。そのままバックだってできるんです!』

ここ、けっこう大事です。

最初の頃はエンジンがかかってない状態での取り回しって、けっこう怖い。

倒しちゃったらどうしよう!? ってなりますからね。

非力な女子ならなおさらでしょう。

画像2: 教習車より乗りやすい!

SV650はシート前方が絞り込まれていて、実際のシート高785mmよりも跨った時は低く感じるんです。

それでいて走っている時はちゃんと広い座面が確保されていて快適。

シートは見た目が薄いのにお尻も痛くなりません。

いつも思いますけど、スズキ車のシートは本当に完成度が高いんです。

NEXT:ベテランが気づけない『感想』にドキッ!?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.