大人気キャラクターを実写映画化した『ダンボ』のMovieNEXが7月17日(水)にウォルト・ディズニー・ジャパンより発売される(7月3日よりデジタル先行配信)。

「見どころはないね!笑」ティム・バートン監督の真意とは…?

ディズニー×ティム・バートン監督がオリジナル脚本で贈るファンタジー・アドベンチャー「ダンボ」。MovieNEXの発売とデジタル配信開始を記念し、ティム・バートン監督の貴重なインタビュー映像が解禁!アニメ版の大ファンだというバートンは、名作「ダンボ」のイマジネーション豊かで広がりのあるアニメーションの世界を利用しながら、実際のセットや小道具、特殊効果、視覚効果を巧みに使用し、新しい実写のファンタジー・アドベンチャーに仕立て上げた。

画像: 「見どころはないね!笑」ティム・バートン監督の真意とは…?

インタビューでバートンはダンボについて「周囲になじめない悩みや欠点を、美しさに変えていく前向きな気持ちなど、いろんな思いがつまっているんだ。人間たちもどこかダンボと似ているね。ホルトも子供たちも周りになじめず悩んでいる」と語り、「登場人物全員が似た悩みを持ち、それぞれ違う形で向き合ってる。そのテーマがおとぎ話風に表現されるところがすばらしい」と、作品の魅力を述べた。お気に入りのシーンについて聞かれると、笑いながら「無いね」と即答!「映画というものは、観客に自由に楽しんでもらうものだ。それぞれ好きなところを観客自身が見つけるべきだよ」と、バートンらしい言葉で理由を明かした。

画像: 「ダンボ」MovieNEX ティム・バートン監督 インタビュー① www.youtube.com

「ダンボ」MovieNEX ティム・バートン監督 インタビュー①

www.youtube.com

MovieNEX&4K UHD MovieNEXの2形態でリリース!

MovieNEXには、“ようこそ!サーカスの世界へ”やメイキング・オブ「ダンボ」、アニメーション映画「ダンボ」へのオマージュ、エンドソング「ベイビー・マイン」を担当したアーケイド・ファイアのミュージックビデオなど、貴重なボーナス・コンテンツが多数収録(デジタル配信(購入)にも一部収録)。 ダンボとの出会いにより夢と希望を取り戻していく“家族の物語”を描いた、子供から大人まで楽しめる話題作「ダンボ」は7月17日(水)発売だ。

画像: 4K UHD MovieNEX(8,000円+税)

4K UHD MovieNEX(8,000円+税)

画像: MovieNEX(4,200円+税)

MovieNEX(4,200円+税)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.