2019年も多くのニューモデルが登場した。当サイトの「写真蔵」で紹介したモデルの中で、人気が高かったトップ10をプレイバックして紹介しよう。今回は2019年5月24日に国内販売が開始されたマツダ 3(スリー)だ。

セダンとファストバック、ふたつの個性で登場

マツダ 3は、アクセラの輸出仕様の名称だったが、今回のフルモデルチェンジを機に、日本でも車名を「3」に変更した。ボディは従来型のアクセラと同じ、4ドアセダンと5ドアハッチバックがラインアップされ、ハッチバックは「ファストバック」と呼ばれる。

マツダのデザインテーマ「魂動」を深化させ、引き算の美学でシンプルだが美しい造形を成している。インテリアも水平基調でシンプルな造形により、美しさと機能性を両立している。

パワーユニットは、ガソリンが3種とディーゼルが1種。中でもSKYACTIVーXと呼ばれる世界初の火花点火制御圧縮着火のガソリンエンジンは注目されている。このSKYACTIVーX搭載車は、少し遅れて12月5日から発売された。

このクラスでは常に世界的なベンチマークとなっているフォルクスワーゲン ゴルフをはじめ、Cセグメントのハッチバックはライバルが目白押し。その中で、新型 マツダ 3が日本で、世界で、どのような評価を受け、どれだけの販売台数を稼ぐのか注目したい。

マツダ 3 ファストバック XD Lパッケージ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4460×1795×1440mm
●ホイールベース:2725mm
●重量:1410kg
●エンジン型式・種類:S8-DPTS型・直4 DOHCディーゼルターボ
●排気量:1756cc
●最高出力:85kW<116ps>/4000rpm
●最大トルク:279Nm<27.5kgm>/1600-2600rpm
●WLTCモード燃費:19.8km/L
●トランスミッション:6速AT
●タイヤ:215/45R18
●車両価格(税込):297万3055円

マツダ 3 セダン 20S Lパッケージ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4660×1795×1445mm
●ホイールベース:2725mm
●重量:1350kg
●エンジン型式・種類:PE-VPS型・直4 DOHC
●排気量:1997cc
●最高出力:115kW<156ps>/6000rpm
●最大トルク:199Nm<20.3kgm>/4000rpm
●WLTCモード燃費:15.8km/L
●トランスミッション:6速AT
●タイヤ:215/45R18
●車両価格(税込):269万8055円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.