命を懸け “ エンドゲーム ” に挑むアベンジャーズの リーダー的存在トニー・スターク=アイアンマン
こんにちは。アメキャラ系ライター、杉山すぴ豊です。2019年4月26日の公開から約1か月、映画史を塗り替える記録的ヒットを続けている「アベンジャーズ/エンドゲーム」の“ここが素晴らしすぎる”ポイントを、今なお冷めぬ興奮と感動と共に語りたいと思います。ネタバレは最低限にとどめたつもりですが、まだ映画をご覧になっていない人がいたら、ぜひ映画を見てから、をオススメします。

あっと驚くキャラクターや アイテムの登場は 嬉しすぎるサプライズ

「アベンジャーズ/エンドゲーム」は〝予想通りの〞映画であると同時に〝予想を見事に裏切る〞スーパー・エンターテインメント作品でした。生き残ったヒーローたちが白い特殊なスーツを着て量子世界に行き、そこからタイムトラベルをして、サノスによって歪められた世界を取り戻そうとするーという筋書きは予告編からも予想できたし、ここは当たっていたわけですが、けれど「どこの時代にタイムトラベルするのか?」「タイムトラベルしてどのように事態を解決するのか?」について予想できた人はほとんどいなかったと思います。タイムトラベルして過去をちゃちゃっと変えて世界を救う、なんて甘い筋書きではありませんでしたね(笑)。

これまで書いてきた予想記事の通り「インフィニティ・ウォー」直後のエピソードから始まりますが、はっきりしたのはメインのストーリーは前作から年後だったということです。ここはすごく重要で、アベンジャーズとサノスの戦いはすでに決着がついており、この時点で世界はもう元に戻らない。だからヒーローたちは、悲劇に襲われた世界をある程度〝受け入れている〞のです。

この設定はヒーローたちの外見の変化ーブラック・ウィドウやキャプテン・マーベルの髪色や髪型が変わっている。ソーが長髪でひげもじゃになっているーという細かなところもさることながら、登場人物たちの人生、立場、価値観が大きく変わっていることに現われています。例えばバートンが家族を失い暗殺者になっている。そしてトニーの人生にも大きな変化が...など。これらがドラマ性を大きく高めています。

出演者にも目を向けてみましょう。ティルダ・スウィントン演じるエンシェント・ワン(ドクター・ストレンジの師匠で最高の魔法使い)、フランク・グリロ演じるラムロウ(キャプテン・アメリカの宿敵のヒドラ党のエージェントでシールドに潜りこんでいた)、タイ・シンプキンズ演じるハーレー(「アイアンマン」でトニーを助ける少年)らがなんらかの形で登場することは噂されていましたが、いずれも「なるほど、こんなところで出てくるのか!」と、うなってしまう見事な活かし方。

さらに過去のあのキャラクターたちが再び登場するという、嬉しすぎるサプライズもありました。もちろんスタン・リーも!そして今回は、ジョー・ルッソ監督やコミックのサノスの生みの親であるジム・スターリンもカメオ出演しています。

戻ってくるのはキャラクターばかりではありません。予告編でも明らかにされていた通り、キャプテン・アメリカの手にあの盾が戻ってきますが、もう一つある重要なアイテムが復活します。しかも「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でさりげなく示されていた伏線がここで見事に回収されるわけです。なんという巧みな構成でしょうか!その一方で、ブルースはどうやってまたハルクに戻るんだろう?というところは、拍子抜けするぐらいあっさり語られます(笑)。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.