イランの名匠アスガー・ファルハディ監督と国際的なスター夫婦の豪華タッグが実現した映画「誰もがそれを知っている」2019年6月1日公開。

オー ル・スペインロケに挑んだヒュ ーマン・サスペンス

「別離」「セールスマン」で二度のアカデミー賞外国語映画賞に輝くイランの名匠アスガー・ファルハディ監督が初めてオール・スペインロケに挑んだヒューマン・サスペンス。結婚式の夜に起きた少女誘拐事件をきっかけに、当事者である家族に隠された秘密が露わになっていく。

実生活は夫婦でもあるペネロペ・クルス(「オリエント急行殺人事件」)とハビエル・バルデム(「悪の法則」)の豪華共演が久々に実現している。

スペインの小さな村で結婚式が行なわれ、花嫁となる妹を祝福するため、今はアルゼンチンに住むラウラ(ペネロペ)が帰省した。村に残る家族や幼馴染のワイナリー経営者パコ(バルデム)らと抱擁を交わすラウラ。二人がかつて恋人同士だったことは村のみんなが知っている。

結婚式も終わり盛大なパーティーがラウラの実家で開かれる。だがその最中にラウラの10代の娘が失踪し、『誘拐した』というメールが送られてくる。動揺したラウラはアルゼンチンから夫を呼び寄せようとするが、事件は隠し続けてきた家族の秘密と嘘を暴き出していく。

画像: スペインを代表する俳優夫婦が豪華共演

スペインを代表する俳優夫婦が豪華共演

ペネロペとバルデムの役は監督による当て書きだった

監督が企画を思いついたのは15年前で、実際に脚本を書き始めたのは4年前。その時点ですでにペネロペとバルデムには個別に会い出演OKをもらっていたので当て書きすることができたという。

画像: イラン名匠とスター夫婦の最強タッグ!「誰もがそれを知っている」6/1公開

誰もがそれを知っている
2019年6月1日公開

原題:誰もが知っている/スペイン=仏=伊/ 2018/2時間13分/ロングライド
監督:アスガー・ファルハディ/出演:ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、リカルド・ダリン
©2018 Memento Films Production ‒ Morena Films SL. ‒ Lucky Red ‒ France 3 Cinéma ‒ Untitled Films A.I.E.

こちらも合わせてどうぞ

『誰もがそれを知っている』予告編動画はこちらから!

人気俳優ヒョンビンが悪役に初挑戦した心理サスペンスとは?!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.