2019年5月21日、プジョー・シトロエン・ジャポンはプジョー(PEUGEOT)のクロスオーバーSUVである3008と5008を一部改良。両モデルのガソリンエンジンとトランスミッションを刷新させた。

1.6Lターボエンジンは、パワーアップと同時に排出ガスのクリーン化に成功

プジョーのクロスオーバーSUVモデルはすべて4桁の車名で、コンパクトな2008、ミドルサイズの3008、7人乗りの5008と、3つをラインアップされている。いずれもスペースユーティリティや使い勝手、デザインなどに特徴を持つ都会派SUVとして人気を博している。

さて、そのラインアップの中で今回改良を受けたのは、3008と5008だ。

画像: 右が2列5人乗りのプジョー 3008。左が3列7人乗りシートを採用するプジョー 5008。

右が2列5人乗りのプジョー 3008。左が3列7人乗りシートを採用するプジョー 5008。

3008は全長4450mm、全幅1840〜1860mmと日本の道路環境でも取り回しやすいボディサイズを持つ。日本市場で同ブランド最量販車種である(2018年実績)。そして5008は、この3008をベースに全長を190mm、ホイールベースを165mmストレッチさせて3列目シートを追加、ラゲッジスペースも拡大させたモデル。上級装備も採用する、近年人気上昇中の3列シートSUVと言える。

この兄弟とも言える2モデルのガソリン仕様には、従来から1.6L直4ターボエンジンがラインナップされてきた。これが今回改良されパワーアップと排出ガスのクリーン化を果たしたのだ。

画像: 180ps/5500rpm、250Nm/1650rpmを発生する、プジョー3008/5008の新エンジン。1.6L 直4ターボ。

180ps/5500rpm、250Nm/1650rpmを発生する、プジョー3008/5008の新エンジン。1.6L 直4ターボ。

気筒数や排気量はこれまでどおりだが、電子制御ウエストゲートバルブの採用によって高効率化とハイレスポンス化を実現。パワーは従来から15ps/10Nm向上して、最高出力180ps/5500rpm、最大トルク250Nm/1650rpmを達成してる。また、ガソリン微粒子フィルタを採用して排出ガスのクリーン化、欧州新排ガス規制Euro6.2に対応する仕様となった。

組み合わされるトランスミッションは従来の6速ATを刷新し、多段化された8速ATにシフトした。この新ATはアイシンAWと共同開発されたのもので、3つのドライブモード(エコ/通常/スポーツ)を選択できる。エコモードのフリーホイール機能は、走行条件によってアクセルオフ時にクラッチを切って燃費改善を果たすという。

プジョー 3008/5008 新パワートレーン搭載モデルのラインアップ

3008 アリュール:367万円
3008 アリュール LEDパッケージ:385万円
3008 GTライン:409万円
5008 アリュール:414万円

さらに、同ブランドで高い装着率を誇るパッケージオプション「ファーストクラスパッケージ(30万円)」を、3008 GTラインと5008 アリュールに設定。同パッケージの内容は、運転席メモリー付き電動シート&マルチポイントランバーサポート/前席シートヒーター/パノラミックサンルーフ/360°ビジョンの4点となっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.