新型スープラの発売開始を記念して、東京・お台場のメガウェブではスープラの復活祭「スープラ is バック to ジャパン フェス」を開催中だ。その一部を紹介しておこう。

スープラ・ファンが楽しめるコンテンツが盛り沢山のイベント

2019年5月17日13時、東京・お台場のメガウェブで新型スープラの発表会がメディア限定で開催された。その後、新型スープラの登場を心待ちにしていたファンに向けて、スープラ復活祭「スープラ is バック to ジャパン フェス」が開催された。

画像: 新型スープラや歴代スープラが会場内にズラリと展示されている。

新型スープラや歴代スープラが会場内にズラリと展示されている。

会場内には、さまざまなボディカラーの新型スープラが展示され、もちろんコクピットに収まることができる。オーナーズクラブの協力による歴代スープラや、モータースポーツ参戦車両、チューンドカーなど、メガウェブの1階会場は新旧のスープラで埋め尽くされている。

18日(土)と19日(日)は、抽選でノーマルのGRスープラとD1仕様のGRスープラに同乗試乗もできる。ステージでは開発者やD1ドライバーのトークショーなども行われる。

画像: スーパーGT(2020シーズンから参戦予定のコンセプトモデル)やNASCAR用のレーシング・スープラ。

スーパーGT(2020シーズンから参戦予定のコンセプトモデル)やNASCAR用のレーシング・スープラ。

映画「ワイルド・スピード」、eモータースポーツの「GRスープラ GTカップ」、トミカ、タミヤ、みんカラ、JBL、HKS、メイクアップ(ミニカー)といった協賛各社のブースもあり、それぞれがスープラに関連した新しいアイテムなどを展示している。

17日には、メガウェブからサテライトブースの代官山 蔦屋書店まで、新型スープラを先導車としてオーナーズクラブの歴代スープラがパレードランも行った。

画像: 赤い新型スープラを先頭に、パレードランを始めるオーナーズクラブの歴代スープラ。

赤い新型スープラを先頭に、パレードランを始めるオーナーズクラブの歴代スープラ。

サテライトブースの代官山 蔦屋書店では、6月2日(日)まで、スープラのスケールモデルやカラーサンプル、スケッチボードなど、ここでしか見られないグッズを展示している。

スープラ好きには見逃せないイベント、詳しくはメガウェブのサイト(https://toyotagazooracing.com/jp/gr/supra/fes/)をご覧ください。(写真:伊藤嘉啓)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.