KTMから待望のミドルアドベンチャー、790アドベンチャーと790アドベンチャーRが登場、いよいよ5月から日本での販売がスタートする。オールラウンドに楽しめるトラベルマシンと、オフロードを本格的に楽しむマシン、2つの個性が用意されているが、それぞれの魅力について試乗検証してみよう。

オフも満喫したい人のためのKTMらしいアドベンチャー

KTM790アドベンチャーは様々なアドベンチャーライダーからの意見に応えて作られたバイクだ。

画像1: オフも満喫したい人のためのKTMらしいアドベンチャー

このクラスはラリーマシンのイメージが強く、カウルがついていて、オフロードもガンガン走れて、高速道路での巡航が楽という要素が求められる。

しかし、多くのユーザーはさほどオフロードでは使わないため、近年はオンロード寄りのモデルが増えた。

そんな中、今回KTMは、常に新天地を目指すアドベンチャートラベラー向けとして790アドベンチャーを、そして自分のライディングスキルに挑戦することに関心を持つオフロードアドベンチャーライダー用として790アドベンチャーRという2つのモデルを用意してきたわけだ。

画像2: オフも満喫したい人のためのKTMらしいアドベンチャー

だから、今や巨大化の一途を辿るアドベンチャークラスの中、あえて800ccサイズとして、軽さを重視してある。

加えて、20リットルのタンクは、現役ラリーバイク並みに低重心化。

セミカウルを付けているが、ディフューザーを加える事でフルカウル並みのフェアリング効果も狙っている。

押し引きした感じでは正直大柄なボディだが、動き出せば思いの外軽い。

画像3: オフも満喫したい人のためのKTMらしいアドベンチャー

というか、重心がかなり下にあるように感じるので、安定しているし、アドベンチャーにありがちな腰高感がない。21インチのフロントタイヤにも関わらず、Uターンで小回りが利くほど。

デュークから派生したエンジンは、ちょっとクセがあり、5000回転付近で谷があるので、低速域からアクセルを全開にすると、2段ロケットのように感じる。

しかし、この谷が意外にも気にならない。

画像4: オフも満喫したい人のためのKTMらしいアドベンチャー

というのも、のんびり走る場合5000回転以下を多用するので、その谷でワンクッション置くことでピーキーさがなくなり、クルージングが楽に感じるのだ。

1090や1290のアドベンチャーだと絶えずどんどん加速する印象だが、それがない分、楽にクルーズできる。

逆に攻め込んだ時はあまり5000回転以下にはしないので、これまた谷が気にならない。よく出来ている。

画像5: オフも満喫したい人のためのKTMらしいアドベンチャー

Rの場合はサスストロークが伸びるので、正直重く感じる。

STDでもオフロードを十分楽しめるので、一般ライダーはRの必要性をあまり感じないかもしれないが、約40㎜長いサスはジャンプを跳べ、モトクロスのテーブルトップを飛んでも底付きしない!

テクニックのある人にRは魅力的だ。

ただ、STDでもオフ性能は高く、全体のバランスは優れている、と言っておきたい。

SPECIFICATION
全長×全幅×全高 NA
ホイールベース 1509(1528)㎜
最低地上高 233(263)㎜
シート高 830/850(880)㎜
乾燥重量 189㎏
エンジン形式 水冷4ストDOHC8バルブ並列2気筒
総排気量 799㏄
ボア×ストローク 88×65.7㎜
圧縮比 12.7
最高出力 94HP/8000rpm
最大トルク 9.0㎏-m/6600rpm
燃料供給方式 FI
燃料タンク容量 20L
キャスター角/トレール 64.1(63.7)度/107.8(110.4)㎜
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ320㎜ダブルディスク・φ260㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 90/90-21・150/70-18

RIDING POSITION 身長:182㎝ 体重:80㎏

790 ADVENTURE

画像1: RIDING POSITION 身長:182㎝ 体重:80㎏

STDモデルはシート高が2段階に調整可能。

ローの位置にすれば日本人の体格にはぴったりだが、シートとステップ位置が近くなるので、テスターの体格だとヒザの曲がりがきつくなる。

ハンドルはオフ優先の形状で押さえやすい。

790 ADVENTURE R

画像2: RIDING POSITION 身長:182㎝ 体重:80㎏

182㎝のテスターでもかかとが浮く高さは、さすがオフロードに特化したモデル。

それ以外のポジションはスタンダードと同じだが、シート形状がオフロードに合った形になっていて、体重移動がしやすい。

DETAILS

画像1: STD

STD

安心のコーナリングABSを標準装備。

リアのABSをオフにするオフロードABSも用意されている。標準タイヤはAVON製。

画像1: R

R

WP製のフルアジャスタブルサスペンションはスタンダードより40㎜も増やしたストローク量が与えられた、オフロードライディング向けの特性。

画像2: STD

STD

オンもオフもオールラウンドに楽しめることを視野に入れたモデルだが、ストローク量は200㎜という、クラスを超えた余裕のあるもの。

画像2: R

R

240㎜という余裕のストローク量を確保したリアサスはフルアジャスタブル。

タイヤはブロックパターンのメッツラーを標準装備。

PHOTO:南 孝幸 TEXT:三橋 淳

公式サイト

関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.