「ネオ・スポーツ・カフェ」コンセプトを持つ新世代スポーツCBシリーズのミドルモデルとして登場したのがこのCB650R。コンパクトながらダイナミックに仕上げられたスタイリングをまとい、ミドルスポーツとしてはいまや貴重な4気筒ネイキッドとして国内市販される1台だ。早速その実力を試乗しながらチェックしてみよう。

ライダーのスキルを問わず直4パワーを堪能できる

CB650Fのエンジン、フレームに手を加えられて登場した新型がこのCB650R。

「ネオ・スポーツ・カフェ」シリーズ独特のスタイリングは、ノスタルジックな雰囲気もあれば近未来的にも見えて新鮮。

これも魅力のひとつと言っていいだろう。

画像1: ライダーのスキルを問わず直4パワーを堪能できる

このCB650R、スポーツ指向の強いCBR650Rとはエンジン、フレームを共有する双生児モデル。

エンジン、フレームなどの、従来型からの変更点もCBR同様だ。

また、このクラスでは貴重な直4エンジン搭載モデルでもある。

画像2: ライダーのスキルを問わず直4パワーを堪能できる

同クラスのライバルたちがツインなのに対し、やはりコストも掛かるのだろう。

価格は10〜20万円ほど高く、ひとつ上のクラスの値段となっている。

エンジンの性格、レスポンスタッチや力量感などもCBRと同じ。

画像3: ライダーのスキルを問わず直4パワーを堪能できる

ライドバイワイヤー方式ではないが、スロットルに優しい応答はそれに近い感じで、非常に良くできている。

3速や4速、2000回転あたりでゆっくり流していても、そこから一気にダッシュできる。

この粘りとスムーズさは直4エンジンの威力。ツインのライバルにはないものだ。

そして6000回転を越えたあたりから吹けの勢いは増し、8000〜1万2500回転がパワーバンドの核だ。

画像4: ライダーのスキルを問わず直4パワーを堪能できる

スタンダードなNKモデルとしてはさすがに強力で、この回転域を駆使して走ると速さが際立つ。

シートやステップなどの配置はCBRと共通だが、ハンドルはアップライトで幅の広いバーハンドル。

これで軽い前傾ポジションになる。欧州のスポーツネイキッドによくあるタイプで、肘を開き気味にして、ハンドルを上から押さえつけるような姿勢で乗る。

極端にハンドルが開いてはいないので、欧州車よりクセはなく、バイクを抑えるのに楽だ。

もうひとつ、この高いハンドルの効果でシートの前の方に座って、ステップに体重を乗せやすくなっている。ハンドリングは双子のCBRよりずっと身軽。

画像5: ライダーのスキルを問わず直4パワーを堪能できる

動きがずっとダイレクトで、機敏な身のこなしができ、よく曲がってくれる。

このクラスのネイキッドはおおかた良好な旋回性を持っていて身軽だが、CBは極低速域から4速全開で走るようなコーナリングまで、その良好な旋回性を安定してキープする。

この高速スポーツ性能はこのバイクの光る魅力だ。

操縦性も素直で、サスやフレームのタッチも程よくしなやか。

画像6: ライダーのスキルを問わず直4パワーを堪能できる

飛ばさなければガチガチした感触になりやすいモデルが多いスーパースポーツような神経質な感じではなく、等身大なハンドリングのレベルから逸脱することのない、フレンドリーな特性。

誰でも身構えずに使い切ることができる。

CBRとは違い、標準装着タイヤはメッツラーのロードテック01。

画像7: ライダーのスキルを問わず直4パワーを堪能できる

ウェットにも強いことが自慢の、いわゆる「ツーリングスポーツ」ラジアルタイヤだが、このタイヤでも、ハイグリップタイヤを履くCBRと変わらない走りを楽しめてしまう。

違いがあるとすれば、接地フィールを少し硬めに感じるぐらい。許容リーンアングルを幅広い速度レンジでフルに使え、よく曲がってくれる。

さらに面白いのは、標準装着なのはツーリングラジアルタイヤなのに、トルクコントロール(いわゆるトラクションコントロール)はコーナリング中にほとんど作動しないこと。

画像8: ライダーのスキルを問わず直4パワーを堪能できる

わざと滑らせてみようと、無茶なスロットルの開け方をやってみてもそうだったので、通称のスポーツライディングではまず作動することはなさそう。

このバイク、もともとのスタビリティが非常に高いのだ。

エンジンもハンドリングもイージーで、街中から峠道まで身構えずに使いこなせる。

画像9: ライダーのスキルを問わず直4パワーを堪能できる

ライバルたちに対し、このCBの抜きん出ているところは動力性能と高速レンジでのスポーツ性能。

その光る部分を、誰でも簡単に使いこなせるようまとまっているのがすばらしい。

乗り手のスキルも、使い方も選ばないオールマイティスポーツだ。

SPECIFICATION
全長×全幅×全高 2130×780×1075㎜
ホイールベース 1450㎜
最低地上高 150㎜
シート高 810㎜
車両重量 202㎏
エンジン形式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 648㏄
ボア×ストローク 67×46㎜
圧縮比 11.6
最高出力 95PS/12000rpm
最大トルク 6.5㎏-m/8500rpm
燃料供給方式 PGM-FI
燃料タンク容量 15L
キャスター角/トレール 25度30分/101㎜
変速機形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ310㎜ダブルディスク・φ240㎜ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70ZR17・180/55ZR17

RIDING POSITION 身長:176㎝ 体重:68㎏

画像: RIDING POSITION  身長:176㎝  体重:68㎏

欧州のストリートファイターのような、幅が広く絞り角の少ないハンドルを使っているがまとまりがいい。前傾姿勢だが非常に自然だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.