博多の中心部福岡市中央区“赤坂”はオフィス街。素敵なレストランやバーなどの飲食店もいっぱい。一方、東京都港区赤坂もオフィスビルが集まるビジネス街で ちかっぱ飲食店があるやん。
博多の赤坂も港区赤坂も共通点が多いっちゃん。(完全な主観なんやけどね!)
やけん、うちが勝手に「港区赤坂 博多文化普及計画(笑)」に着手してみることにしたと〜。
なんでかって?
同じ‘地名’やけん東京でも博多の赤坂の‘知名’度上げたいやん。‘ちめい’だけに(汗)。。
ということで(?)今回は博多を飛び出して東京に乗り込んだ番外編ばい!

In Fukuoka, there is an area of the city we call 'Akasaka'.The surrounding area
is a business district and there are many nice bars and restaurants there.
Also, in Tokyo,there is an area with the same name. This place is also a business district and
bar town. I feel the atmosphere is similar in both of these “Akasaka” areas.

This time is anextra edition, and I’ll introduce a great, reasonable Japanese standing bar in
Tokyo.The place is friendly like Fukuoka. You'll have a great time there!

地名が同じってだけじゃなくて 雰囲気も似とうと

「港区赤坂 博多文化普及計画」を思いついたのは、今年の3月。
滞在しとったホテルが、たまたま赤坂やったんよ。あまり港区赤坂に行ったことがなかったっちゃけど、駅に降りた瞬間 なんこの親近感!?ひとりでふらっと一杯のみたいなあという欲求が沸いてきたっちゃん。ばってん やっぱ見知らぬ土地。。。一人やし どげんかいな?ドキドキ。。。っとそこにウェルカム!!!おらびよる(叫んでる)ごたあ「立ち呑み処なかや」を発見!雰囲気はまるで博多の角打みたいやん。即効 乗り込んだと!
(博多の角打については、こちらの記事ば読んでやんしゃい↓)

ばってん。。暖簾をくぐった瞬間 怯んだ私。。

が!しかし、暖簾をくぐった瞬間衝撃が!あれ?女性がおらん!?博多の角打は女性がかなり多いけん ちょっと躊躇したばってん、店員さんの「いらっしゃい~」の一言で一気に飲みモードへ突入!
早速、博多ではあまりお目にかかれない緑茶ハイを注文!飲んでるうちに隣のサラリーマンの常連さん達と乾杯!ちらほら入店してきた女性や外国人などのお客さんとかとも乾杯!気づいたらみんな友達たい!あまりの楽しさに3泊中、2日も通ってしもうたばい〜。

画像: ばってん。。暖簾をくぐった瞬間 怯んだ私。。

勝手に博多イズムを広げることに!

ちかっぱ ここが気に入ってしもうて、博多っ子スピリッツを港区赤坂に広げたら、もっと楽しかろうもん!と「郷に入れば郷に従え」という先人ありがたい教えを完全に無視し、個人的に「港区赤坂 博多文化普及計画」立ち上げたと。第一歩として「なかや」で勝手に博多イズムの押し売りを始めることに(笑)。

すると!博多っ子もびっくり!博多にわかのお面が世界一似合うであろう人物を発見!
もうお面なのか、素顔なのか分からんごたあ、このフィット感!素晴らしかね。感動したばい(涙)

画像1: 勝手に博多イズムを広げることに!
画像2: 勝手に博多イズムを広げることに!

次のページでは立ち呑み処「なかや」について詳しく紹介するけん

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.