ルノー・ジャポンは、ルノーカングーをはじめとするルノーオーナーが全国各地から集まるファンミーティング「第11回カングージャンボリー 2019」を5月19日(日)に山梨県山中湖村 山中湖交流プラザ「きらら」で開催する。

日本最大級のオーナーミーティング

「ルノー カングージャンボリー」は、カングーのオーナーを中心としたオールルノーのファンミーティングとして始まったイベント。

「クルマのある生活を楽しむ」をテーマに毎年開催されるこのイベントは、来場者が思い思いに時間を過ごし、自由に楽しめるイベントとして定着し、全国各地からルノー カングーを始めとする ルノー車オーナーが参加する一方、ルノー車以外のオーナーの方の参加も増え、現在ではブランドの垣根を越えた、広くフランスの休日の雰囲気が楽しめるイベントとなっている。

なお、当日は限定車「ルノーカングー エスカパード」を展示。また今年は試験的な試みとして会場内駐車場にトゥインゴ専用スペースを設け、「Petit(プチ)トゥインゴジャンボリー」を実施する。

昨年のカングージャンボリーでは、全国からカングーが過去最多の 1373台が集まった。またカングー以外のクルマを含めた総参加車両台数は1921台、参加者数は4317人と、日本最大級のファンミーティングといえる規模に成長した。

カングージャンボリー開催概要

名称: 第11回ルノー カングー ジャンボリー2019
場所: 山中湖交流プラザ・「きらら」
山梨県南都留郡山中湖村平野479-2
日程: 2019年 5 月 19日(日)
時間: 9:30~14:00(予定)

※5:00 ゲートオープン(予定)
※参加無料

画像: 色とりどりのカングーが1000台以上駐車する姿は圧巻。オーナーはイベントを思い思いに過ごしている。

色とりどりのカングーが1000台以上駐車する姿は圧巻。オーナーはイベントを思い思いに過ごしている。

画像: 昨年の第10回カングージャンボリーの様子。参加者はなんと4000人以上!

昨年の第10回カングージャンボリーの様子。参加者はなんと4000人以上!

画像: 今回もテレビ神奈川「クルマでいこう」収録公開収録が行われる。写真は「クルマでいこう」司会のモータージャーナリスト、岡崎五朗さんと藤島知子さん。中央はルノージャポンのフレデリック・ブレンさん。

今回もテレビ神奈川「クルマでいこう」収録公開収録が行われる。写真は「クルマでいこう」司会のモータージャーナリスト、岡崎五朗さんと藤島知子さん。中央はルノージャポンのフレデリック・ブレンさん。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.