2019年5月14日、スバル(SUBARU)はスポーティセダンのWRX S4とWRX STIの改良モデルを発表した。発売は2019年6月27日を予定している。

スバル WRXの改良点はいくつかあるが、車両価格は据え置かれている

今回のWRX S4/WRX STIの改良のポイントは、
 ■安全性能向上
 ■エクステリアデザイン変更
 ■トランクの操作性向上
以上の3つとなっている。

安全性においては、全グレードにおけるハイビームアシスト作動条件を変更。従来では40Km/hからの作動だったが、これを「30km/hからの作動」に変更。作動領域を拡大することで、夜間走行時の安全性を向上させている。

エクステリアデザインにおいては、ボディカラー「ダークグレーメタリック」を廃止して、新色「マグネタイトグレーメタリック」を追加した。

さらに、よりスポーティさを強調する変更が施されている。WRX S4 STIスポーツ アイサイトのフロントグリルにメッキモールを追加し、ウイングモチーフを強調。WRX S4 2.0GT-S アイサイトの18インチアルミホイールの色をブラックに変更(従来はダークガンメタリック)した。

またWRX STI全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに。WRX STI タイプSには切削光輝の19インチアルミホイールを採用している。

操作性においては、トランクの開閉方法を変更。すべてのドアがアンロックされている場合であれば、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられる仕様とし、利便性を向上させた。

この改良モデルの発売は2019年6月27日。車両価格は下記のとおりだ。

画像: スバル WRXのハイビームアシスト作動条件を「30km/hから」に変更。

スバル WRXのハイビームアシスト作動条件を「30km/hから」に変更。

スバル WRX S4/WRX STI 車両価格

WRX S4 2.0GT アイサイト(2L 対4 DOHC 直噴ターボ・FA20型)CVT:336万9600円
WRX S4 2.0GT-S アイサイト(2L 対4 DOHC 直噴ターボ・FA20型)CVT:373万6800円
WRX S4 STIスポーツ アイサイト(2L 対4 DOHC 直噴ターボ・FA20型)CVT:409万3200円
WRX STI(2L 対4 DOHC ツインスクロールターボ・EJ20型)6MT:386万6400円
WRX STI タイプ S(2L 対4 DOHC ツインスクロールターボ・EJ20型)6MT:406万0800円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.