鬼才ジム・ジャームッシュ監督の3年ぶりの最新作「The DeadDon’t Die(原題)」が来年2020年の春、全国公開されることが決定した。

『パターソン』のアダム・ドライバーらオールスターキャストが集結

2016年、バス運転手の何気ない日常を切り取った『パターソン』、伝説のバンド「ザ・ストゥージズ」に迫る音楽ドキュメンタリー『ギミー・デンジャー』の2作を同時発表し話題となった鬼才ジム・ジャームッシュ監督。

本作は、長年インディペンデント映画界に君臨する彼がついにソンビ映画を手掛けたことで世界中で話題沸騰中。5月14日から開催される第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品&コンペティション部門作品として上映される。

物語の舞台はアメリカの田舎町センターヴィル。3人だけの警察署で働くロバートソン保安官(ビル・マーレイ)とピーターソン保安官代理(アダム・ドライバー)は、いつもの他愛のない住人のトラブルの対応に追われていたが、突如、街にゾンビが出現しだし、思わぬ事態に巻き込まれていく・・・。

キャストには、『パターソン』に続きアダム・ドライバー、本作でジャームッシュ監督と3度目のタッグとなるビル・マーレイほか、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツ、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローバー、イギー・ポップ、ケイレブ・ラン
ドリー・ジョーンズらという、常連組から注目の若手まで、豪華な顔ぶれが集結。

『パターソン』で強烈な印象を残したアダム・ドライバーとジャームッシュ組お馴染みのビル・マーレイのオフビートなバディ感にも大きな注目が集まっている。

カンヌ国際映画祭の常連でもあるジャームッシュ監督が、ゾンビ映画を引っさげ、ついにパルムドール受賞を果たすのか!?映画祭の受賞結果にも注目だ。

The Dead Don‘t Die(原題)
2020年春 TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
配給:ロングライド
Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.