紫外線99%、赤外線74%カットの新シールドと、長いインナーサンシェード

優れた空力特性でライダーの負担を減らす帽体デザインや、ソフトなフィット感の内装、眩しい日差しを遮るインナーサンシェードの装備などで特にツーリングユーザーから高い評価を得ているカムイ2だが、さらに実用的な進化を遂げたカムイ3が登場した。

大好評のインナーサンシェードは縦方向に長くなり、目の下側から回り込んでくる光もシャットダウン。

画像: 価格:3万1320円(ソリッドカラー) 3万4560円(グラフィックモデル) [サイズ] XS、S、M、L、XL [カラー] (ソリッド)パールホワイト、ブラックメタリック、 フラットブラック、シャイニーレッド、クールガンメタ(8月以降グラフィックモデルも登場予定) [ 問 ]オージーケーカブト TEL.06-6747-8031 http://www.ogkkabuto.co.jp/

価格:3万1320円(ソリッドカラー)
   3万4560円(グラフィックモデル)
[サイズ] XS、S、M、L、XL [カラー] (ソリッド)パールホワイト、ブラックメタリック、
フラットブラック、シャイニーレッド、クールガンメタ(8月以降グラフィックモデルも登場予定)
[ 問 ]オージーケーカブト TEL.06-6747-8031 http://www.ogkkabuto.co.jp/

シールドは紫外線に加えて赤外線もカットする帝人製の「UV&IRカットシールド」を新採用し、日射熱によるヘルメット内部の温度上昇を抑えている。

帽体は高速走行時のリフトやブレを抑えるウェイクスタビライザーと、走行中の負圧を利用して防体内の熱気を効率的に排出するベンチレーターを一体化した構造で、カムイ2よりコンパクト化。

重量も1600gと軽量だ。

フィット感は全体にソフトで、頬骨の一番高いところで支えるため頬が押されず、インカムを使って会話するときも話しやすく、内装スポンジが柔らかいので被り脱ぎもスムーズ。

画像1: 紫外線99%、赤外線74%カットの新シールドと、長いインナーサンシェード

メガネも差し込みやすい。

注目のUV&IRカットシールドだが、太陽に向かってシールドを開け閉めすると肌に伝わる熱量が減っていることを実感する。

4月の段階で効果があるのだから、夏場の暑さも低減してくれるはず。僅かに青みがかったシールド色も涼しげだ。

画像2: 紫外線99%、赤外線74%カットの新シールドと、長いインナーサンシェード

インナーサンシェードは下方向に長くなり、完全に降ろした状態ではスモークシールドと変わらない防眩性。

紫外線カット機能も持っているシールドと併せ、日焼け防止の効果も大きい。

インカムやカメラを取り付けやすい帽体下部形状、簡単に着脱して洗濯できる内装など、ツーリングや普段使いへの適性は文句なしだ。

Photo:南 孝幸 Model:梅本まどか

公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.