2019年5月11日、フォーミュラE選手権第9戦モナコE-Prixがモンテカルロ市街地コースで行われ、ジャン-エリック・ベルニュ(DSテチーター)がポール・トゥ・ウインで優勝を飾った。ニッサン勢は、オリバー・ローランドが2位。セバスチャン・ブエミも5位入賞を果たした。

ついに今季2勝目をあげるドライバーが登場、ベルニュがポイントリーダーに

2シーズンぶりの開催となったモナコE-Prix。F1モナコGPより2週間先駆けて行われた今回、当初はF1と同じコースレイアウトが設定される予定だったが、急遽これまでと同じショートコースに変更。このためオーバーテイクの難しさが予想され、予選に大きな注目が集まった。

その予選でポールポジションを獲得したのはDSテチーターのジャン-エリック・ベルニュ。パスカル・ウェーレイン(マヒンドラ)が予選2番手でフロントロウに並んだ。予選で最速タイムを記録したのはニッサンのオリバー・ローランドだったが、前戦パリE-Prixでのペナルティで3グリッド降格の4番グリッドにつくことになった。

45分+1周で行われる決勝は、ポールのベルニュが好スタートを切ってレースをリード。10周目にウェーレインがコースオフして4番手に後退し、ベルニュ→ローランド→フェリペ・マッサ→ウェーレインの争いとなっていく。

レースが動いたのは終盤。コース上に落ちたパーツを回収するためにフルコースコーションとなり、戦いはさらに緊迫した状態になっていく。残り10分の最後の攻防は、アタックモードと燃費マネージメントをめぐる激しい展開となったが、ベルニュがミスなく逃げ切った。

ここまで毎戦ウイナーが変わる激戦となっていたが、ついに今季2勝目をあげるドライバーが登場。ベルニュがポイントリーダーに躍り出た。なお、フェリペ・マッサ(べンチュリ・フォーミュラE)が初表彰台を獲得。ポイントリーダーに立っていたロビン・フラインス(ヴァージン)はリタイアに終わった。

2018/2019シーズンのフォーミュラEも残すところいよいよ4戦。次戦は5月25日にドイツ・ベルリンで開催される。

画像: モナコE-Prixで今季2勝目をあげたジャン-エリック・ベルニュ(DSテチーター)。

モナコE-Prixで今季2勝目をあげたジャン-エリック・ベルニュ(DSテチーター)。

フォーミュラE選手権第9戦モナコE-Prix 決勝結果

優勝 25 J-E.ベルニュ(DSテチーター) 51周
2位 22 O.ローランド(ニッサン・e.ダムス) +0.201s
3位 19 F.マッサ (べンチュリ・フォーミュラE) +1.261s
4位 94 P.ウェーレイン(マヒンドラ・レーシング) +1.439s
5位 23 S.ブエミ (ニッサン・e.ダムス )+6.215s
6位 20 M.エバンス(パナソニック・ジャガー・レーシング) +16.213s
7位 36 A.ロッテラー(DSテチーター) +16.848s
8位 3 A.リンス(パナソニック・ジャガー・レーシング) +18.112s
9位 5 S.バンドーン (HWAレースラボ) +18.551s
10位 7 J.M.ロペス(ジオックス・ドラゴン) +18.86s

フォーミュラE選手権ドライバーランキング

1位 J-E.ベルニュ(DSテチーター)87
2位 A.ロッテラー(DSテチーター)86
3位 R.フラインス (エンビジョン・ヴァージン)81
4位 A.ダ・コスタ(BMW i アンドレッティ)70 
5位 L.ディ・グラッシ(アウディスポーツ・アプト)70

フォーミュラE選手権 チームランキング

1位 DSテチーター 173
2位 エンヴィジョン・ヴァージン  135
3位 アウディ・スポーツ・アプト  129
4位 マヒンドラ 116
5位 ニッサン・e.ダムス 99

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.