2019年5月10日、ベントレーモーターズは同社初のSUVであるベンテイガに、限定車「ベンテイガ スピード(BENTLEY Bentayga Speed)」を設定。日本には20台を導入すると発表した。車両価格は2945万4545円(税込)となる。

ラグジュアリーを極めたベントレーの世界最速SUV「ベンテイガ スピード」

イギリスのラグジュアリースポーツカーブランド、ベントレーが放った大型SUVベンテイガには、2015年のデビュー当時から6L W12気筒ツインターボエンジンが搭載されてきた。最高出力は608ps、最高速は約300km/hという超ド級SUVとして世界に衝撃を与えた。

このベンテイガの性能をさらに高めたモデル「ベンテイガ スピード」が日本に20台導入されることになった。

画像: ベントレー ベンテイガ スピード。大型のルーフスポイラーがハイパフォーマンスモデルあることを主張する。

ベントレー ベンテイガ スピード。大型のルーフスポイラーがハイパフォーマンスモデルあることを主張する。

さて、モデル名の「スピード」という単語、ベントレーにおいては2007年にはじめてコンチネンタルGTのハイパフォーマンスモデルに採用されたもので、これ以降高性能モデルの象徴として使われているのだ。ベンテイガ スピードもまた、スピードモデルの持ち味をしっかりと受け継ぎつつ、パフォーマンスをさらに引き上げられている。

従来からの6L W12気筒ツインターボエンジンをさらにチューニングすることで、最高出力は27psアップの635psとなり(最大トルクは900Nmで変更なし)、最高速は従来の301km/hから306km/hに、0→100㎞/h加速は従来の4.1秒から3.9秒に向上してる。

画像: ベントレー ベンテイガ スピードに搭載される6L W12気筒ツインターボエンジンは、635ps/900Nmを発生。

ベントレー ベンテイガ スピードに搭載される6L W12気筒ツインターボエンジンは、635ps/900Nmを発生。

エクステリアではダークティントヘッドライトやボディ同色サイドスカート、高性能さを主張するかのような大型のテールゲートスポイラーが装着される。このほかにも、22インチホイールやスピードバッジなどが専用装備として用意される。

またインテリアには、ダイヤモンドキルトを彩る新デザインのコントラストステッチ、イルミネーション付きのスピードトレッドプレート、ベンテイガ初となるアルカンターラ(レザーも選択可能)などが採用されている。

カーボンセラミックブレーキやマッサージ機能が付きのフロントシート、カーボンファイバーのフェイシアパネル、ムードライティングなどをオプションで選ぶこともできる。車両価格は2945万4545円で、2019年後半に発売、2019年第4 四半期のデリバリーを予定しているという。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.