本誌「月例フォトコンテスト」審査員としても活躍中の金森玲奈さんの写真展が、銀座のアートグラフで本日から開催されている。金森さんが大学生時代から約10年間かけて東京の街角で撮影した膨大なフィルムの中から厳選したモノクロ作品20点を展示している。
画像1: 金森玲奈 写真展「街猫の肖像」
●開催中~2019年5月16日(木)●ギャラリー・アートグラフ

今回の「街猫の肖像」は2009年、キヤノンギャラリーで開催した個展『街猫の肖像』を10年ぶりに再現した個展。モノクロフィルムで撮影し、バライタ紙に定着した都会の片隅に生きた猫たちの姿がデジタルプリントで蘇っている。

画像2: 金森玲奈 写真展「街猫の肖像」
●開催中~2019年5月16日(木)●ギャラリー・アートグラフ

●月~金曜日:10~18時
●土&最終日:10~17時

画像1: ●月~金曜日:10~18時 ●土&最終日:10~17時

▲同タイトルの写真集(2000円)には30点の作品が掲載されている。

画像2: ●月~金曜日:10~18時 ●土&最終日:10~17時

▲会場には厳選されたモノクロ作品が20点展示されている。「ネコに逃げられてしまう距離というものがあります。だから、どれだけネコに近づけるか…攻防しながら撮影しているのです(笑)」(金森)

金森玲奈

1979年東京都生まれ。東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。在学中より都会の片隅に生きる猫の姿を撮影してきた。東京藝術大学附属写真センター勤務等を経て2011年よりフリーランスとして活動を開始。近年は身の回りの何気ない瞬間や国内外の旅先の風景、怪我と障害がきっかけで引き 取った二匹の飼い猫との日々を撮り続けている。

画像: 金森玲奈

ギャラリー・アートグラフ

〒104-0061 東京都中央区銀座 2-9-14 銀座ビル 1F TEL.03-3538-6630
◉東京メトロ 銀座駅 A13出口徒歩3分、有楽町線 銀座一丁目駅10番出口徒歩1分、JR有楽町駅から徒歩5分にある銀座ビルの1階。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.