空冷時代のGSXのキングといえば、やはりカタナを置いて他にない。これまで幾多の名作とよべるチューンドカタナが生まれているがブライトロジックが、今までの常識をブチ破った!

カタナ改の常識を超えた

カタナといえば、これまでいくつもの「名作」と呼べるチューンドが誕生している。

ヨシムラがAMAスーパーバイク用に製作したカタナ、宮城光さんが製作したホワイトパイロット、西部警察のブラックカタナにカタナR、NK1レーサーにヘリテイジ、1135Rにシルバー鋼——。

こんなキーワードで、わかる人はわかる。

画像1: カタナ改の常識を超えた

そして、これまでも幾多のチューンドカタナを生み出してきたブライトロジックが、2015年春に作り上げたのが、このブラックカタナ。

これまでのチューンドカタナの歴史と最新のテクノロジーを注入したスーパーカタナなのだ。

ベースとなったのは、カタナがまさしく現役の時代に製作された、AMAスーパーバイク用レーサー。

画像2: カタナ改の常識を超えた

デビッド・アルダナがライディングしたヨシムラカタナは、実は当時ヨシムラに在籍していた、現ブライトロジックの竹中さんが担当したレーシングマシンだったのだ。

「カタナをスポーツバイクに仕立て上げたい時、やっぱりネックになるのは車体の構成なんです。

画像3: カタナ改の常識を超えた

剛性はもちろん、車体の姿勢にも手を入れようとなった時、参考にしたのは、あのAMAレーサーのディメンジョンでした」と竹中さん。

いくらなんでもレーシングマシンをそのまま公道仕様に、と思ってしまうところだが、あのAMAスーパーバイクレーサーが製作された81年から30年が経った今、公道仕様スーパースポーツモデルのパフォーマンスは、当時のレーサーをとっくに越えてしまっているのだ。

「エンジンはもちろんフルチューン、それも今までに経験あるものですが、やはりメインに手を入れたのは車体。

画像4: カタナ改の常識を超えた

当時とはパーツ単体のパフォーマンスや精度もくらべものにならないほどいいから、最新のパーツを使って車体を仕上げました」

白眉は、このフロントフォーク。オーリンズのレーシングマシン用FGRをカタナに必要な全長となるようにモディファイ。

もちろん、竹中さんが図面を引いて、カロッツェリアジャパンにオーダーしたものだ。

画像5: カタナ改の常識を超えた

「このフォークだけで、かなり長い時間かけましたね。ただの延長ではなく、内部パーツもすべて全長を合わせてもらったので、まさに世界にひとつだけの、カタナ用オーリンズです」

ドライカーボンの外装パーツにアルミタンク、マルケジーニ製マグネシウム鍛造ホイールに、ラジアルマウントされたブレンボ製4ピストンモノブロックキャリパー……。

画像6: カタナ改の常識を超えた

これはもう、今まで世界中に存在したすべてのチューンドカタナの上を行く、スーパーカタナだ。

「30年も前に作った当時の最高傑作を、今の技術でやってみたかったことが全部できました。

このカタナも、あと30年は誰も超えられないと思います」

公式サイト

関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.