ディズニーの人気アニメーションを空前の大スケールで実写化する豪華絢爛なエンターテイメント作「アラジン」。アニメーション版でも人気だった悪役ジャファーの声優に北村一輝が決定しました。
画像: 「アラジン」の悪役ジャファーの声優に北村一輝が決定!

いよいよ2019年6月7日(金)公開が目前に迫ってきた、豪華絢爛!エンターテイメント大作「アラジン」。豪華吹き替え陣による「プレミアム吹替版」が話題を集めているが、今回ジャファー役に北村一輝の主演が決定した。

ジャファーは、魔法のランプを使い王国の乗っ取りを企み、主人公アラジンたちとバトルを繰り広げる邪悪な大臣で、『ライオン・キング』のスカーや、『眠れる森の美女』のマレフィセント等と並ぶディズニーヴィランズの1人として、高い人気を集めている。彼の存在が『アラジン』の物語を一層熱く、そしてドラマチックに演出してくれているのだ。

そんなジャファーを演じた北村は、「ジャファーはかなり悪いヤツですよ。狡猾さとしたたかさを併せ持っていて、蛇のようなしつこさです」とかなりの悪であることを語りながら、「今回の実写版では新たなジャファー像が出来上がったと思います。

悪役ではありますが、見方を変えると彼が引っ掻き回すことによってアラジンやジャスミン、そしてジーニーたちの物語が熱く進んでいきます。そこはぜひ注目してほしいですね!」、さらに「悪役の活躍する映画がすごく好きで。実写の映画でもそういう役を演じたいと思っていましたので、ジャファーにも魅力を感じていました。まさか時を経てその願いが叶うとは!」と嬉しそうに語っていた。

プレミアム吹替版には、既に発表されているアラジン役の中村倫也、ジャスミン役の木下晴香、ジーニー役の山寺宏一、そしてこのたび発表されたジャファー役の北村一輝のほかにも、実力派の声優たちが顔を揃えている。今回の実写版に登場する新キャラクターで、ジャスミンの侍女ダリアの吹替えには、大ヒットアニメやゲームの声優を担当し、幅広い演技力が人気の沢城みゆき。

そしてジャスミンに求婚しにやってくる異国の王子アンダースには、やはり数多くのアニメやゲームはもちろん、CMやナレーションに至るまで活躍の場を広げる平川大輔。そしてジャファーの手下であるオウムのイアーゴにはクリント・イーストウッドなど洋画の吹き替えでもおなじみの多田野曜平など、豪華な実力派声優たちが作品に厚みを加えている。6月7日(金)の 全国公開をお楽しみに!

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.