ルノー・ジャポンは、デイタイムランプ/バックソナー/専用ファブリックシートや専用デカールを装備し、日常生活から少し離れて息抜きに出かけることを意味するフランス語「エスカパード」を車名とした限定車、ルノー・カングー エスカパードを5月10日から200台限定で発売する。

専用デカールや専用ファブリックシートを用意

カングーは欧州でLUDOSPACE(ルドスパス:遊びの空間)と呼ばれて親しまれてきた1台。

今回登場するカングー エスカパードは、息抜きのために日常生活から少し離れ、ドライブに出かけるための限定車。デイタイムランプ、フロントバンパーシルバートリム、ボディ同色ドアミラー/サイドプロテクションモール、マルチルーフレール、リアスキッドプレート、バックソナー、専用デカール、専用ファブリックシート、専用フロントドアトリム、センターコンソールボックス(レザー調リッド)が装備される。

限定200台。ボディ色はマロン・ショコラメタリック、車両価格は265万9000円。

ベースグレードはカングー ゼン EDCとなる。

5月10日(金)から12日(日)まで販売申込みを受付け、申込みが販売台数を超えた場合は抽選となる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.