キヤノンはフルサイズミラーレスEOS Rシステム用のF1.2大口径の中望遠レンズ「RF85㎜ F1.2 L USM」を発表した。RFレンズとしては5本目となるレンズ。価格はオープンで実売33万2500円(税別)、発売は2019年6月下旬を予定している。

ミラーレスカメラならではのショートバックフォーカスというRFマウントの特長がもたらす高いレンズ設計の自由度を生かし、焦点距離85㎜のキヤノン製交換レンズにおいて最高レベルの画質を実現し、F1.2の大口径により大きく美しいボケ味を楽しむことができる。
レンズ構成は9群13枚でBRレンズ1枚、UDレンズ1枚、研削非球面レンズ1枚を使用している。このBRレンズとはBR光学素子を凹凸のガラスレンズで挟み合わせて構成しているレンズ。
また任意の機能を割り当てて使うことができるコントロールリングを搭載し、快適な操作を可能としている。さらにマウント部、スイッチパネル、コントロールリング、フォーカスリングに防塵・防滴構造を採用、レンズ鏡筒内部のメカ構造の見直しにより、高い耐久性と耐振動衝撃性を実現しているという。

画像: RF85㎜ F1.2 L USM

RF85㎜ F1.2 L USM

画像: RF85mm F1.2 L USMの光学構成図

RF85mm F1.2 L USMの光学構成図

画像: 色収差低減の比較。左はRF85㎜ F1.2 L USM、右がEFEF85mm F1.2L II USM(2006年3月発売)

色収差低減の比較。左はRF85㎜ F1.2 L USM、右がEFEF85mm F1.2L II USM(2006年3月発売)

画像: 赤い部分が防塵・防滴シーリング部

赤い部分が防塵・防滴シーリング部

キヤノンRF85㎜ F1.2 L USM

●焦点距離:85mm
●レンズ構成:9群13枚
●絞り羽枚数:9枚(円形絞り)
●最小絞り:F16
●最短撮影距離:85cm
●最大撮影倍率:0.12倍
●画角:28°30′
●フィルター径:ø82mm
●大きさ:ø103.2×117.3mm
●重さ:1195g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.