2019年5月9日、トヨタはプリウスPHV(プラグインハイブリッド)を一部改良して発売した。

V2H機能も備えて、災害時などにも活用できる

従来型のプリウスPHVは、リアシートはセンターアームレストを備えたセパレートタイプで2人掛けだったが、今回の一部改良では普通のベンチタイプとなり、3人掛けとなった。これにより、おとな5人がくつろげる、ゆとりの車内空間が生まれた。

画像: リアシートは普通のベンチタイプとなったので3名乗車が可能になった。

リアシートは普通のベンチタイプとなったので3名乗車が可能になった。

また、クルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組み“V2H(ビークル to ホーム)”も備えた。災害などの停電時でも、プリウスPHVを頼れる「蓄電池」として活用できる。

これは、急速充電インレットに外部給電機能をオプション設定し、別売のV2H機器と接続することで、プリウスPHVの駆動用バッテリーに蓄えた電力を家庭用電力として利用することができる。

あわせて、住宅の太陽光発電などで生じた余剰電力を、車両の駆動用バッテリーに蓄電することも可能としており、電力需要の平準化に効果が期待される。さらに、充電時間も普段の200V用充電ケーブルを使った場合と比べ、約1時間20分と大幅に短縮できる。

画像: V2Hのイメージ写真

V2Hのイメージ写真

そのほか、駐車場から後退する際に左右後方から接近してくる車両を検知して注意喚起するトラフィックアラート、車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックモニターを新たに設定した。インテリジェントクリアランスソナーの設定も拡大している。

さらに、専用通信機DCM(データ・コミュニケーション・モジュール)を全車に標準装備し、遠隔で走行アドバイスや車両診断を受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」のようなさまざまなコネクティッドサービスを利用できる。

画像: パノラミックモニター

パノラミックモニター

車両価格はSの317万8440円〜Aプレミアム“ナビパッケージ”の426万6000円。駆動方式は全車FFのみ。なお、いずれのグレードも1.8L+モーターのプラグインハイブリッドシステムや、外観などに変更はない。

画像: V2H機能も備えて、災害時などにも活用できる

プリウスPHV Aプレミアム“ナビパッケージ” 主要諸元

●全長×全幅×全高:4645×1760×1470mm
●ホイールベース:2700mm
●重量:1530kg
●パワーユニット:直4DOHC+2モーター
●排気量:1797cc
●最高出力:98ps・72ps・31ps
●最大トルク:142Nm・163Nm・40Nm
●JC08モード燃費:37.2km/L
●トランスミッション:電気式無段変速機
●駆動方式:横置きFF
●タイヤ:195/65R15
●価格(税込み):426万6000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.