令和元年である2019年秋冬の公開作品、そして公開時期未定ながら2019年内に公開予定の作品を公開スケジュール順にご紹介。各作品の注目キャスト情報も見逃すな!

1:僕のワンダフル・ジャーニー
9月公開

画像: 1:僕のワンダフル・ジャーニー 9月公開

愛犬と飼い主が紡ぐ極上のラブストーリーが再び

僕のワンダフル・ライフ』から2年、愛犬と飼い主が紡ぐ極上のラブストーリーが再び日本中を感動で包み込む。前作で、3度生まれ変わり最愛の飼い主イーサン(デニス・クエイド)と再会を果たした犬のベイリーが、家族みんなにもう一度幸せを届けるため絆をつないでいく。前作でメガホンをとった“犬映画の名手”ラッセ・ハルストレムが製作総指揮として参加。

画像1: 超話題シリーズの新作続々!2019年秋公開映画一覧

このキャストに注目!
ジョシュ・ギャッド

前作に続き犬のベイリーの声優には『アナと雪の女王』のオラフ役でも知られるジョシュ・ギャッド。今回のベイリーもある事件をきっかけに“生まれ変わりの旅”に出ることに。ギャッドの名演が感動をさらに増幅しそう。

監督:ゲイル・マンキューソ/出演:デニス・クエイド、キャサリン・プレスコット、ヘンリー・ラウ、マージ・ヘルゲンバーガー
配給:東宝東和

© Universal Pictures and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

2:アナベル 死霊博物館
9月公開

『死霊館』へと繫がる“空白の時間”が明かされる

米コネティカット州の博物館に実際に保管されている呪いの人形の恐怖を描く『アナベル』シリーズの第3弾にして、“死霊館”ユニバースの最新作。

ウォーレン夫妻がアナベル人形を保管室にあるガラスケースに閉じ込めてから一年後、夫婦の留守中にアナベル人形の封印が解かれ、一作目『死霊館』へと繫がる空白の時間に起きた重要な出来事が描かれる。主演を務めるのは『gifted/ギフテッド』などの美少女子役マッケナ・グレイス。

画像3: 超話題シリーズの新作続々!2019年秋公開映画一覧

このキャストに注目!
マッケナ・グレイス

gifted/ギフテッド』や『アイ、 トーニャ 史上最大のスキャンダル』『キャプテン・マーベル』など話題作に引っ張りだこの天才子役マッケナ・グレイスが今回『アナベル』シリーズに初登場。解放されてしまったアナベル人形の呪いと戦うウォーレン夫妻の娘ジュディ役で主演を務める。

監督:ゲイリー・ドーベルマン/出演:マッケナ・グレイス、マディソン・アイズマン、ケイティ・サリフ、パトリック・ウィルソン
配給:ワーナー・ブラザース映画

© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

3:ホテル・ムンバイ(原題)
9月公開

画像: 3:ホテル・ムンバイ(原題) 9月公開

インドの五つ星ホテルで起きたテロの真実

2008年11月にインド最大の都市ムンバイで起きた同時多発テロ事件。安全だと思われていた五つ星の最高級ホテル・タージマハルも襲撃のターゲットとなり、テロリストに占拠されてしまう。渦中のホテルでいったい何が起きたのか?衝撃と感動の実話を『LION/ライオン 25年目のただいま』のデーヴ・パテル、『君の名前で僕を呼んで』のアーミー・ハマー共演で映画化。

画像4: 超話題シリーズの新作続々!2019年秋公開映画一覧

このキャストに注目!
アーミー・ハマー

ムンバイ同時多発テロ事件で、特に被害の大きかった最高級ホテル“タージマハル”の真実を描く本作。『君の名前で僕を呼んで』で脚光を浴びたアーミー・ハマーがホテルの宿泊客を演じ、惨劇の中で“普通の市民”が見せた勇気を体現する。

監督:アンソニー・マラス/出演:デーヴ・パテル、アーミー・ハマー、ジェイソン・アイザックス
配給:ギャガ

© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

4:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
秋公開

ディカプリオ×ブラッド・ピットの夢の共演が実現!

『ヘイトフル・エイト』から四年ぶりとなるクエンティン・タランティーノ監督のファン待望の新作は、『ジャンゴ 繋がれざる者』でタランティーノ監督作初出演となったレオナルド・ディカプリオと、『イングロリアス・バスターズ』で同監督作初主演を果たしたブラッド・ピットの2大スターの豪華顔合わせが実現した超話題作。

詳しいストーリーは明らかになっていないが、女優シャロン・テート殺害事件を題材に1969年のハリウッドが描かれる。ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を、タランティーノが実際に自分が育った当時のハリウッドへの郷愁とリスペクトを込めて描き、脚本執筆には五年の歳月が費やされたという。

落ち目のTV俳優リック・ダルトンをレオナルド・ディカプリオ、彼のスタントマンのクリフ・ブースをブラッド・ピットが演じ、夢の初共演が実現しているほか、当時絶頂の人気を誇っていた女優シャロン・テートを演じるマーゴット・ロビーら豪華俳優が顔をそろえている。

二人が着こなす60年代ファッションにも注目

このキャストに注目!
レオナルド・ディカプリオ

長年ハリウッドのトップに君臨してきたレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが共演するのはこれが初。劇中の60年代風のファッションに身を包んだ二人の写真をディカプリオが自らインスタに上げると、アップ後12時間で“いいね!”の数は170万ほどを記録した。

監督:クエンティン・タランティーノ/出演:レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー、アル・パチーノ
配給:ソニー・ピクチャーズ

5:イット:チャプター・ツー(原題)
秋公開

ホラー映画歴代ナンバーワン作品に続編が誕生

ホラー映画の歴代最高興行収入を記録したスティーヴン・キング原作『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の第2弾。2019年、27年周期に現われる"それ"が、再びあの町を恐怖に陥れる。殺人ピエロ・ペニーワイズ役でビル・スカーシュゴードが続投し、大人になった“ルーザーズ・クラブ”のメンバーとして、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステインらが豪華共演。

画像8: 超話題シリーズの新作続々!2019年秋公開映画一覧

このキャストに注目!
ジェームズ・マカヴォイ

前作の主人公ビルの“27年後”を演じるのがジェームズ・マカヴォイ。大人になったビルはどうやら作家として成功しているという設定のようだ。ベバリーとの関係がどうなっているのかも気になるところ。

監督:アンディ・ムスキエティ/出演:ビル・スカーシュゴード、ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャステイン、ビル・ヘイダー
配給:ワーナー・ブラザース映画

©2019 Warner Bros. Ent, All Rights Reserved

6:ロビン・フッド(原題)
秋公開

画像: 6:ロビン・フッド(原題) 秋公開

タロン・エガートンが中世の伝説的英雄に!

映画やテレビで多くの名優が演じてきた中世イギリスの伝説的英雄、ロビン・フッドの物語を『キングスマン』シリーズのタロン・エガートン主演で新たに映画化。腐敗した政府の裏切りによって恋人も領地も失い、義賊として反乱を起こしたロビンの闘いを、スタイリッシュな演出と斬新な解釈をまじえて描いていく。レオナルド・ディカプリオが製作を務める。

画像9: 超話題シリーズの新作続々!2019年秋公開映画一覧

このキャストに注目!
タロン・エガートン

ショーン・コネリー、ケビン・コスナー、ラッセル・クロウら多くの名優が演じてきたロビン役にタロン・エガートンが挑戦。『キングスマン』で見せた抜群の身体能力で、弓の名手の闘いを躍動感たっぷりに演じる。

>> 好感度しかない…タロン・エガートンの素顔が好青年過ぎてまぶしい

監督:オットー・バサースト/出演:タロン・エガートン、ジェイミー・フォックス、イヴ・ヒューソン、ジェイミー・ドーナン
配給:キノフィルムズ

© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

7:ジョン・ウィック:チャプター3 パラベラム(原題)
秋公開

最強の殺し屋の死闘はいよいよ最終章へ

伝説の殺し屋の死闘を描くスタイリッシュ・アクションの第3弾にして最終章。前作のラストで決して破ってはいけないタブーを犯し、殺し屋協会から追われる羽目になったジョン・ウィックが、次から次へと現われる刺客と激闘を繰り広げる。シリーズを大ヒットに導いたチャド・スタエルスキ監督が今回も続投し、主演のキアヌ・リーブスらレギュラー・キャストが再集結。

画像11: 超話題シリーズの新作続々!2019年秋公開映画一覧

このキャストに注目!
ハル・ベリー

『チョコレート』のオスカー女優ハル・ベリーが本作でシリーズ初参戦。かつてジョン・ウィックと“血の誓約”を交わした女ソフィア役を演じる。本作ではどうやらジョンの秘められた過去が明かされるようだ。

監督:チャド・スタエルスキ/出演:キアヌ・リーブス、ハル・ベリー、イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーン
配給:ポニーキャニオン

©2018 Niko Tavernise

Photo by Jeff J Mitchell, Sonia Recchia, Alberto E. Rodriguez, Randy Shropshire, Frazer Harrison, Jon Kopaloff, David Becker/Getty Images for Disney, Getty Images for Los Angeles Confidential Magazine, Getty Images, Getty Images for Paramount Pictures

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.