大関さおりさんの「お泊まりガチンコツーリング!」の、もう一つのお話。
現役女子大生アルバイトによる、初めての「さんツー」レポート。
そのはちゃめちゃな様子をご覧ください。

自己紹介

初めまして!オートバイ編集部にてアルバイトとして働かせてもらっている大林です。

STECの記事をご覧になった方は見覚えのある顔ではないでしょうか?

大林和恵

多摩美術大学在校、同大学のバイクサークル『RAC』に所属。
愛車は気づいたらもらってたKAWASAKI 250TR。
2018年の6月に二輪中型免許取得仕立ての初心者。

オートバイ5月号にてデビュー。
普段編集部では掃除、資料整理、webオートバイ記事の更新の手伝い、撮影の雑用、イベントでの店番など、様々なアルバイトをしている。

普段あまり表には出てくることはないですが、今回はGWということで、さおりさんたちと一緒に茨城県の土浦市までツーリングに行ってきました!

思い出せば大磯

幾度か大関さおりさんとお仕事したことはあったけれど、しっかりお話しできたのは4月14日大磯市にてNAPS主催のMOTOGYMでの出店ブースが初めて。

そうまさにこのオートバイ女子部インスタグラムアカウントに投稿されたこの写真

このさおりさんとなっちゃんが楽しそうにしている後ろで、写真に映らんように避けたのにバッチリ写ってしまってるのが私。

なんかニヤついててきもいし、ちょっと恥ずかしい。

この日、さおりさんとのお金やら仕事やら、リアルなマシンガントークを楽しんでいる流れで、イベント当日不在だったサラサの話題に。

サラサとは、私と同じくオートバイがイベントに出店する際の店番や、設営の手伝いを主に、女子部グッズのイラストを制作したり、東京モーターサイクルショー2019の、モーターマガジン社ブースの設営で、内装の大半をデザインしてくれた人!

サラサが描くレタリングやイラストの完成度の高さ、その速さは編集部では人間印刷機と呼ばれているほど。

画像3: 気合いの泥ツーリング 靴を求めて土砂降りを行く!!#大林和恵

サラサ

ホンダのブロス熱愛 大林と同じ多摩美術大学『RAC』サークルに所属していた。

この世に生まれ出る時からバイクにまたがっている為か、バイクに関する体力が鬼ヤバイ。

画像: このクロスのイラストはサラサの作品!このイラストめっちゃ可愛いよね!!

このクロスのイラストはサラサの作品!このイラストめっちゃ可愛いよね!!

画像: 意外とこういうブラックボードって描くの大変なんだ さすがうちのサラサ!笑

意外とこういうブラックボードって描くの大変なんだ さすがうちのサラサ!笑

そもそも普段からゴリゴリにバイクに乗ってるので、さおりさんとみうみうと一緒に、サーキットを走ったりしたこともあったみたい。
バイクに乗れて人間印刷機で、つまりはオートバイ編集部の「即戦力!」

そんなサラサと3人で焼き鳥を食べようという話になり、さんツーに行くことに。

『焼き鳥食べたい』と名付けられたグループラインで、日程と行き先を確認。

画像: サラサと私の頭弱そうな会話

サラサと私の頭弱そうな会話

今回の目的はライコランド土浦にてサラサの新しいブーツを手に入れること。

そしてなんと私とサラサのゴリ押しにより決まった、さおりさん家での宅飲み!

今まで公開されることのなかった、”病的なプーさん”が鎮座し、新しき洗濯機を向かいいれたらしいと編集部で噂になっている、さおりさんのお家を赤裸々に暴いてきました!

Yahoo!天気予報結構当たりますね

もしかして雨じゃね?と前日まで三人でざわつきながら当日朝、予報では13:30ごろ雨がぱらつき、そののち軽く晴れという予報が。

雨が降ることを受け入れたくなくて、「大丈夫そうですね」と自分に言い聞かせてしまった。

画像: 今見ると全然忠告じゃないわ

今見ると全然忠告じゃないわ

画像: めっちゃピンボケ

めっちゃピンボケ

集合時間は13:00

GW渋滞にはまるも、なんとか時間通りに到着できたので、朝ごはんを買いに目の前のコンビニに向かい、ゆで卵を食べながらコンビニを出ると、私の250TRがなぜか転倒している…!

画像4: 気合いの泥ツーリング 靴を求めて土砂降りを行く!!#大林和恵

「いやTRマジか」(ゆで卵食べてます)

レバーは大丈夫だったけど、縁石に当たったのかミラーの鏡の部分が軸からポッキリ曲がってる…。

悪いことって続くもので、この時ライコランド土浦店にいるワイルドウイング菅野さんから、さおりさんに「土浦は雨」とのお達しがあり戦慄。雨だって言うたじゃん?

かく言う私も予想できたはずなのに誰も雨具を持ってきてないし、泊まるはずなのにタオルさえ持ってきてない。(サラサも持ってきてない)

そのでかい荷物の中には一体何が入っているのか…

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.