第7戦ローマE-Prixで優勝を飾ったパナソニック ジャガー レーシングが注目を集めている。鳴り物入りで参戦を開始して3シーズンめ、ついにチームの熟成が進んできたようだ。

連続入賞を果たしながら大きくレベルアップ

シーズン3:2016-2017から参戦を開始したジャガーのワークスチーム。フォーミュラEに参加することによって自動車メーカーとして将来の電気自動車のビジョンを示すとともに、技術力に磨きをかける狙いがある。チーム運営でF1のウイリアムズチームのバックアップを受け、パナソニックのスポンサードと技術協力を得て参戦している。着実にパフォーマンスを上げてきており、第7戦ローマE-Prixで悲願の初優勝を飾った。

Panasonic Jaguar Racing

優勝1回/表彰台2回
パワーユニット:ジャガー
本拠地: イギリス

パナソニック ジャガー レーシング ドライバーラインナップ

ミッチ エバンス

画像: #20 Mitch EVANS 優勝1回/表彰台2回 生年月日: 1994/6/24 国籍:ニュージーランド

#20 Mitch EVANS 優勝1回/表彰台2回 生年月日: 1994/6/24 国籍:ニュージーランド

2010年、2011年にニュージーランドのトヨタレーシングシリーズでタイトルを獲得、その後、GP3からGP2にステップアップ、GP2で4年間戰い、2013年シリーズ14位、2014年4位、2015年5位、2016年12位という成績を残す。フォーミュラEへのチャレンジはジャガーのワークス参戦がきっかけで、シーズン3:2016-2017はシリーズ14位、シーズン4:2017-2018は7位に終わったが、今シーズンは初優勝を記録してランキング4位につけている。マーク・ウェーバーの教え子として知られる。

アレックス リン

画像: #3 Alex LYNN 優勝0回/表彰台0回 生年月日: 1993/9/17 国籍: イギリス

#3 Alex LYNN 優勝0回/表彰台0回 生年月日: 1993/9/17 国籍: イギリス

レッドブル・ジュニアチームの一員として、F3、GP2に参戦。フォーミュラEにはシーズン3:2016-2017にDSヴァージンレーシングからスポット参戦している。その走りが認められてシーズン4:2017-2018は同じくDSヴァージンレーシングからフル参戦、今シーズンは第7戦ローマよりネルソン・ピケJr.にかわってパナソニック・ジャガー・レーシングに加入した。

(データは2018-2019シーズン第7戦ローマE-Prix終了時点)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.