5月より“令和”がいよいよ幕開け!“令和”元年である2019年7〜8月公開予定の作品を公開スケジュール順にご紹介。各作品の注目キャスト情報も見逃すな!

1:ゴールデン・リバー
7月5日(金)公開

黄金に魅せられた四人の男たちの思惑が交錯

1851年ゴールドラッシュに沸くアメリカを舞台に、黄金に魅せられた4人の男たちの交錯する思惑を描くウェスタンサスペンス。『君と歩く世界』で注目されたジャック・オーディアール監督初の英語作品で、ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール、リズ・アーメッドという実力派キャストが勢ぞろい。ベネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)及びフランスのアカデミー賞とされるセザール賞で4冠を受賞。

画像: Photo by Tommaso Boddi/Getty Images for Netflix

Photo by Tommaso Boddi/Getty Images for Netflix

このキャストに注目!
ジェイク・ギレンホール

誰が善で誰が悪なのかツイストしていく物語の中で鍵を握る人物を演じるのがジェイク・ギレンホール。この時期は本作を含めて彼の出演作が『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』『ワイルドライフ』と3本も公開。“ジェイクの夏”になる予感だ。

監督:ジャック・オーディアール/出演:ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール、リズ・アーメッド
配給:ギャガ

© 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. All Rights Reserved.

2:ワイルドライフ
7月5日(金)公開

個性派俳優ポール・ダノが鮮烈な監督デビュー

『リトル・ミス・サンシャイン』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』などで個性派俳優として活躍するポール・ダノの初監督作品。パートナーの脚本家ゾーイ・カザンとともに共同脚本も担当し、ピューリッツァー賞作家リチャード・フォードの小説を映画化。60年代モンタナ州の田舎町を舞台に、父の失業をきっかけに崩壊していく結婚生活を十代の息子の視点から描く。少年の両親役でキャリー・マリガン、ジェイク・ギレンホールが共演。

画像3: “令和”元年に見られる!7〜8月公開の話題作はコレだ

このキャストに注目!
キャリー・マリガン

夫の失業で働くことを余儀なくされ、不安と孤独に苛まれていく少年の母ジャネットを演じるのは『17歳の肖像』のキャリー・マリガン。1960年代のアメリカ北西部の主婦が抱えるジレンマを繊細な演技で表現するキャリーのパフォーマンスは映画の大きな見どころ。

監督:ポール・ダノ/出演:キャリー・マリガン、ジェイク・ギレンホール、エド・オクセンボールド、ビル・キャンプ
配給:キノフィルムズ

©2018 WILDLIFE 2016,LLC.

3:トイ・ストーリー4
7月12日(金)公開

世界中が涙した前作を超えるシリーズ史上最大の感動作

世界中の観客を感動の渦で包み込んだディズニー/ピクサーの代表作『トイ・ストーリー』シリーズの最新作がこの夏ついに登場!ウッディとバズといったおなじみのキャラクターに、19年ぶりにシリーズにカムバックしたボー・ピープや新キャラクターも多数加わり、想像を超える感動の冒険が新たに始まる。

監督:ポール・デーノ/出演:キャリー・マリガン、ジェイク・ギレンホール、エド・オクセンボールド、ビル・キャンプ
配給:キノフィルムズ

©2018 WILDLIFE 2016,LLC.

新たな持ち主ボニーを見守るウッディ、バズらの前に現れたのは彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう。ボニーのためにフォーキーを救おうとするウッディを待ち受けていたのは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボーとの運命的な出会い、そしてスリルあふれる遊園地での壮大な冒険だった。

過去作を上回る“語るべき物語”がある場合以外は続編を作らない、というのがピクサーのポリシー。世界中が涙した前作を超える、圧倒的にドラマチックな展開を予感せずにはいられない!

このキャラに注目!
フォーキー

ウッディやバズといったおなじみのキャラクターに今回新たに加わるのがシリーズ史上初の“手作りおもちゃ”のフォーキー。フォークやモールで出来た彼が、「僕はおもちゃなんかじゃない!」と言って逃げ出したことで、ウッディたちの新たな冒険が始まる。

監督:ジョシュ・クーリー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

4:さらば愛しきアウトロー
7月12日(金)公開

Photo by Eric Zachanowich.

名優ロバート・レッドフォードの俳優引退作

ハリウッド屈指の二枚目俳優として数多くの映画に出演してきた名優ロバート・レッドフォードが約60年に及ぶキャリアの最終地かつ集大成として選んだ俳優引退作。彼の役どころは16回の脱獄と90回以上の銀行強盗を繰り返した実在の伝説的アウトロー、フォレスト・タッカー。誰ひとり傷つけず目的を遂げる“紳士的な銀行強盗”だったタッカーの真実が描かれる。タッカーを追う若き刑事役でオスカー俳優ケイシー・アフレックが共演。

画像5: “令和”元年に見られる!7〜8月公開の話題作はコレだ

このキャストに注目!
ロバート・レッドフォード

現在82歳の“レジェンド”ロバート・レッドフォードが本作をもって俳優引退を宣言。本作について本人は「脚本を読んだときにあまりに面白く、まるで夕日に向かって消えていくガンマンのイメージだと思い、これなら最後の作品にふさわしいと思った」と語っている。

監督:デヴィッド・ロウリー/出演:ロバート・レッドフォード、ケイシー・アフレック、シシー・スペイセク、ダニー・グローヴァー
配給:ロングライド

© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

5:チャイルド・プレイ
7月19日(金)公開

殺人人形“チャッキー”が帰ってくる!

殺人人形の恐怖を描く1988年の名作ホラー映画『チャイルド・プレイ』がホラー映画史上No.1ヒットを記録した『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のプロデューサー・コンビによって新たに生まれかわる。オーバーオールにカラフルなボーダーのTシャツという可愛い見た目とは裏腹に、残忍な方法で人々に襲いかかる人形チャッキーが、今度は21世紀ならではの高性能版に進化を遂げ、世界中の観客に新たなトラウマを植え付ける。

画像7: “令和”元年に見られる!7〜8月公開の話題作はコレだ

このキャストに注目!
マーク・ハミル

現代に甦る殺人人形チャッキーの声優を務めるのは「スター・ウォーズ」のルーク・スカイウォーカー役で世界的に知られるマーク・ハミル。アニメ版「バットマン」でジョーカーの声を務めるなど声優界の大御所でもあるハミルが今回も“怪演”を見せてくれそう。

監督:ラース・クレヴバーグ/出演:オーブリー・プラザ、ガブリエル・ベイトマン、ブライアン・タイリー・ヘンリー
配給:東和ピクチャーズ

© 2019 Orion Releasing LLC. All Rights Reserved. CHILD’S PLAY is a trademark of Orion Pictures Corporation. All Rights Reserved.

Photo by Michael Loccisano, Vittorio Zunino Celotto, Frazer Harrison/Getty Images

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.